我が家の参加動機は「姉弟でサイクリングをさせたい!」でした。

● 我が家の参加動機は「姉弟でサイクリングをさせたい!」でした。

こんにちは!障害があっても乗れる自転車&三輪車の齊藤直です。

今日は9月27日に開催しました、障害があっても乗れる自転車・三輪車体験教室in東京多摩川の模様をお届けしますね。

この日は、秋らしい晴天と気候に恵まれ、午前午後通して、気持よく自転車&三輪車を楽しむことができました。

三輪車チームも、橋までサイクリングを頑張りましたよー!


0927_1
見てください、この気持ちの良い青空!

近隣の小学校では、運動会も開催していて、本当に秋らしい1日でした。



0927_2
1年ぶりに参加してくれた生徒さんは、去年とは見違えるほど、力強くトライクを漕ぐ事が出来ましたー!



0927_3
たまに縁石にぶつかったけど、それはどんまい!



0927_4
いいえがおー!

午後はみんなで、橋までサイクリングに行ってみよう!



0927_5
ということで、お昼を挟んで、サイクリングに出発!



0927_6
ここから坂道!

頂上目指して、一直線です。^^



0927_7
やっぱり速いハンドサイクル(手漕ぎ自転車)チーム!

折り返しポイントで、ハイチーズ。



0927_8
トライク(三輪車)チームだって負けていません!



0927_9
みんなで橋まで、エイエイオー!



0927_10
でも、疲れた帰路は、こっそり、エア・トライク。(笑)



0927_11
みんなゴールをしたら、最後は、多摩川カップ!

果たして、今日の勝者は?



0927_12
予想タイムに2秒差でゴールした、こちらの生徒さん!

くてくてに疲れたサイクリング後に、よく頑張りました。



0927_13
最後はみんなで記念撮影。

またみんなで、自転車を楽しみましょう!



塩原美咲ちゃんのお母様よりご感想をいただきました

先日は、お世話になりありがとうございました。

我が家の参加動機は、「姉弟でサイクリングをさせたい!」という普段日常で行うのは、なかなか難しい事を体験させてみたいという思いからでした。

健常児の弟も、自分の自転車を持っていったにも関わらずハンドサイクルに興味を示し結局姉弟でハンドサイクリング♪

最初は慎重に、時間がたつにつれ慣れてスピードも出て颯爽と気持ちよく乗りこなしていたようです。

終わってみれば「またやりたい!あれ欲しい!!」と、とても楽しかったご様子♪

さすがに購入は無理なので、また機会がありましたら是非参加させて頂ければと思っております。

その時はどうぞ宜しくお願い致します。

この日、教室に初参加の中屋寧々ちゃんのお父様よりご感想をいただきました

先日は、体験教室に参加させていただいてありがとうございました!

寧々ちゃんは実はしっかり自分でこぐことは出来なかったのですが(バレてる?)、自分で移動している雰囲気を味わうことや、足を動かす運動としてとても良い経験になったと思います。

なにより本人がとても嬉しそうに生き生きとした表情をみせてくれたことが、親として本当に嬉しく楽しい時間を過ごさせていただきました(^^)

ちなみに最初不安だった事は、参加するには娘が幼すぎて(4歳)、みんなについていけずに、ぽつーんとうちの家族だけになってしまうのでは、という気持ちがありました。

まあ、それでもいいやという感じでうちの家族は参加させていただいたのですが、ここら辺の不安が無くなるともっと参加しやすい雰囲気が作れるのではと、僭越ながら感じました。

結果として、同年代のお子様がいるご家族が参加されていて、いろんな情報交換もでき(情報は貰っただけですが…)、単にトライクの体験というだけでなく、日々の生活に役立てる話ができましたし、齋藤さんの手腕によりそんな心配は必要もなく、本当に有意義な時間を過ごせました!

またこういった体験会を通じて出来るネットワークは大事だと思うので、『うちの子にはまだ早いかな』という考えを捨てて行動しなければと反省できましたね。

最後に、体験会を盛り上げまとめ上げてくださった齋藤さん、サポートいただきましたボランティア方に感謝の意を表します。

PS. 次は、エアトライク無しが目標で!

レポートを読んでいたら何だかハンドサイクル&トライクに乗りたくなっちゃった人は・・・。