陸上競技大会に向けて「スタート練習」を毎回しています。

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室アダプティブワールド」チーフコーチの川鍋亜実です。

今日は、Nちゃんとの短距離の「スタート練習」の様子をお届けしますね。^^

Nちゃんのお母様より「なかなかスタートにスピードがつかないのですが、練習できませんか?」とご要望を頂き、8月の陸上競技大会に向けて、スタート練習を6月より始めました。

スタートでは、瞬発力が必要とされるので、

・ケンケンで地面を蹴る
・笛が鳴ったら、移動する
・ボールが落ちたら、瞬時に取りにいく
・重心移動


といった実に様々なトレーニングを積み重ねていきました。



実際に、タータントラックを使って練習をしていきました。



「用意」の姿勢で重心移動。



笛の合図でスピードを上げてスタートをすることができましたー。^^

コレで、タイムが1秒は縮んじゃいました!

8月の陸上競技大会のレポートが今から楽しみですね!


種目の練習の際に「◯◯の部分だけ教えて!」と言った内容も個別指導教室では解決しますよ!


知的・発達障害児のための「個別指導のスポーツ教室」は、世田谷他、新宿、国立、狛江、町田、相模原、稲城、大宮、さいたま新都心でも開催しています!