7月の知的・発達障害児者の為のロッククライミング教室レポート!

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室アダプティブワールド」の齊藤直です。

今日は、7月2日に開催した春の「知的・発達障害児者の為のロッククライミング教室」の模様をお届けします。

この日の開催場所は、ノーズ町田店。

秋の外岩クライミングに備え、室内クライミングジムでバッチリ登る練習をしてきました!



朝一番、みんな揃ったら、まずは準備体操から!



体操が済んだら、早速登るエリアに移動。

まずは、ホールドをさわりながら移動してみましょう。



初参加の生徒さんは、学生のお姉さんと一緒に挑戦!



「ホールド」にさわりなれたら、今度はボルダリングに挑戦!

ちなみに、今日は「順番を待つ」のも練習です。^^



去年も教室に参加してくれた生徒さんは、スイスイ移動できました。



ボルダリングは、急ぐ必要性無し!

自分のペースで楽しみましょう。



初参加の生徒さんは、クライミングコーチと一緒に登ってみます。



「初めての環境がどうしても苦手!」という生徒さんも大丈夫。

ゆっくり環境に慣れながら、教室を楽しみましょう。



「初めてだから、どうかなー。」なんていう、お父さんお母さんの心配は不要でした!

スタートから、いい登りっぷりです。



ボルダリングは、「足の置き場所」もよーく見るのがポイントです。



ボルダリングで「ホールドの上を移動すること」に慣れてたら、今度はトップロープクライミングに挑戦!



先生のデモンストレーションを見たら、早速みんなで Climb On!



見て下さい、この真剣な表情!!



クライミングは、見ているのとやってみるのとでは、大違い。

簡単そうに見えるところも、やってみるととても難しかったりします。



続きは、また午後ねー!

ということで、お昼休みにしたのですが・・・みんな食べ終わったら早々に自主練。(笑)



ということで、お昼休憩もそこそこに、午後の分スタート!



午後は「自分の限界に挑戦!」ということで、みんなでゴールを目指しました。



去年は、怖くて途中までしか登れなかった生徒さん、今年は一番上まで登れちゃいましたよー!!



みんな、一番高いところを目指して、頑張ります。



「頑張れー!」
「右手!」

と、お父さんお母さんの応援にも熱が入りました。^^



仕上げは、キッズウォールでボルダリングの復習。

足を付けずに、端から端まで移動しましょう。



いい姿勢!

しっかりお腹を壁に近づけることができているね。



こちらも、いい姿勢!

しっかり重心を落として、移動することが出来ています。



最後はみんなで記念撮影。

握力の限界まで、みんなよく頑張りましたー!

教室にご参加された生徒さんからご感想をいただきました

クライミング教室初参加の光一くんのお母様より頂きました。


初クライミング、安心&楽しく見させて頂きました。

本人、帰路の電車でも全く様子はいつもと変わらず、ヘタレてはいませんでした。

地下鉄を出ると、座席から立ち外の景色を見てました。

「クライミングは楽しかったですか?楽しくなかったですか?」と聞くと…「楽しかった~」と、淡々とですが、確実に達成感を感じられたようです。

帰宅して直ぐは、赤くなった手のひらを見せて痛い~っと言ってきましたが、夕飯を食べる頃には気にしてませんでした。

学校を卒業すると、余暇が課題になります。

息子は何がハマるかまだわかりませんが、経験 体験できる機会は有り難いです。

直さん、ナオヤさんがぐいぐい引っ張って下さり、久々です…息子の必死?に頑張る姿を見られたのは。

今日は、ありがとうございました。

ご兄弟で教室に初参加してくれたSくんのお母様より頂きました。


TもNもとても楽しかったようで、Tについては、「来週はないのか?」と、聞いてきました。(笑)

飛び入りでNも参加させていただき、ありがとうございました。

年齢が近い健常児の兄弟がいる我が家にとって、家族みんなで参加できたことはとても良い時間になりました。

次回はぜひご一緒しましょう。


クライミング教室レポート、いかがでしたでしょうか?

秋には、室内と外岩でどう教室を開催したいと考えています。

秋の教室では、是非あなたが「できた!」を体験して下さいね。