キャニオニングならではの「滝遊び」を堪能しました!

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室アダプティブワールド」チーフコーチの川鍋亜実です。


今日は8月26日に、シークレットで開催しました「知的・発達障害児のキャニオニング教室@みなかみ」の様子をお届けしますね。

今回のプログラムは、午前中に「ラフティング教室」を開催し、午後は「キャニオニング教室」と夏の納涼堪能プログラムとなりました。^^



キャニオニング教室からご参加の生徒さんも合流して、キャニオニングの準備をスタート。



キャニオニングのスタートベースまで移動してから、山道を20分程歩きます。



途中は、川のくぼみで冷た〜い水に浸かって水浴びをしました。^^



更に歩いて滑る練習をする場所まで到着し、滑るための安全管理をガイドスタッフより説明を受けます。



装備も準備を済ませて・・・



「まずは、滑ってみよう!」と練習がてらに、まずは3mくらいの岩を滑りました。^^



その後は、みんなで「鼻毛の滝」を見に行きました。この滝、絶景でした。^ー^



ここでは、滝ならではの水遊びを堪能!



家族での写真は、「夏休みの思い出」の写真に決定ですね。^^



ガイドに「頭も岩に着けて!」と言われ、「水、冷たーっ!!」って顔です。(笑)



こっち(うつ伏せ)もしちゃいました(照)



いよいよ、身体1つで川下りをスタート。^^



お母さんの笑顔も、最高です!



途中、小さな滝の裏を歩いてみましたよ。^^



滝のど真ん中へ行くと、フラフラ状態なるくらい水が多かったです(汗)



水が大好きな生徒さんには、大量に出てくる水(滝)は、とても刺激的だったようです。^^



そして、後ろ向きでも下りましたー。^^



最後下り終わった後はみんなでハイポーズ!

また来年もみんなで、夏を楽しもうねー。^^


キャニオニング教室後、お母様からご感想を頂きました。

ともくんのお母様よりご感想を頂きました。


先日は、キャニオニング教室ありがとうございました。

娘も亜実先生にやっとお会いできてよかったです。

今回も息子より、娘が楽しんでいました(笑)

前回もそうでしたが、見よう見まねにやる息子も安心して挑戦できるのも、直さん、亜実先生、そしてネイチャーナビゲーターの方々の丁寧な対応があってだと思います。

障害があるからダメかな。と思っていたことができるのって、とても嬉しいことなんです。

ありがとうございました。

次回はもうちょっと難易度高めをお願いします。と娘が申しております(笑)


川鍋コーチより

山下さん、素敵なご感想ありがとうございました。^^

「障害があるからダメかな。と思っていたことができるのって、とても嬉しいことなんです。」って言葉、突き刺さりました!

障害があっても、家族全員で楽しめる環境、どんどん広げていけるよう私たちも頑張りますね。^^

今回は水量が多くて飛び込む事が難しかったのですが、もっと飛び込みMAXのところ行きたいですよね〜!

なっちゃん、また激しいコースでご一緒しましょう(笑)

来年も、またぜひご家族で(次はおばあちゃんもラフティング教室で)ご参加お待ちしています!

またご家族で素敵なお写真、撮りましょう。^^



キャニオニング教室は、個人の方を始め、団体やグループさんからのご依頼が可能ですので、ご希望の方いらっしゃいましたら、お問い合せくださいね。^^