「輪投げを拾ったらコーチに渡す」というルール作りをすることで、「練習の時間」を覚えています。

● 「輪投げを拾ったらコーチに渡す」というルール作りをすることで、「練習の時間」を覚えています。

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室アダプティブワールド」チーフコーチの川鍋亜実です。

今日は、Kくんとの個別指導教室の様子をお届けしますね。^^

20170310_1
Kくんは今までもプール教室に通っていましたが、「プール=遊び」の時間という感覚がある生徒さんでした。


20170310_2
初回の教室では、輪投げを拾う際に、自分で拾い、投げて遊んでいましたが、毎回の教室で「拾ったらコーチに渡す」というルールを作っていきました。


20170310_3
このルールを作ることで、Kくんは自由に遊ぶ事はなくなり、3回目の今回の教室では「プール=練習」ということを覚えることができましたー。^^

引き続き、練習の時間を増やせるように練習をしていきます。^^

レポートを読んでいたら何だかコーチと運動をしたくなっちゃった人は・・・。

知的・発達障害児のための「個別指導のスポーツ教室」は、世田谷他、新宿、国立、狛江、町田、相模原、稲城、大宮、さいたま新都心でも開催しています!