遊具を使って「身体の動かし方」のトレーニングをしています。

● 遊具を使って「身体の動かし方」のトレーニングをしています。

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室アダプティブワールド」チーフコーチの川鍋亜実です。

今日は、りょうたくんとの個別指導教室レポートをお届けしますね!

20170223_1

りょうたくんとの教室では、遊具を使って「どう身体を動かすかを自分で考える」というトレーニングをしています。

20170223_2

知的発達障害のある子たちは、「身体の使い方が苦手」と言われています。

それは、「どう身体を動かしてよいかわからない」からです。

りょうたくんの場合は、タイヤの遊具を使い「越える」際に、コーチが一緒に身体を動かし、その後

・指を開くようにし

・開いた際に、手の付け根に力を入れ

・手の付け根の上に肩が乗るようにする
と生徒さん自身が考えることで、スイスイ1人でタイヤを越えることができました。^^


20170223_3
身体の動かし方って、1つ1つ身体の動かし方の順序を組み立てていくことで、できちゃうんですよー。^^

レポートを読んでいたら何だかコーチと運動をしたくなっちゃった人は・・・。



知的・発達障害児のための「個別指導のスポーツ教室」は、世田谷他、新宿、国立、狛江、町田、相模原、稲城、大宮、さいたま新都心でも開催しています!