直さん、夢を実現させてくれてありがとう。」

● 「直さん、夢を実現させてくれてありがとう。」

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室アダプティブワールド」の齊藤直です。

今日は3月4日(土)に開催しました、障害者専門のスキースクール「車山高原教室」の模様をお届けしますね。

この日はWバイスキーレッスンだったのですが、両レッスンともに、お父さんお母さんにバイスキー操作をしていただきましたよ!


20170304_1
まずは、一組目の優菜ちゃんチーム。

この日は、お友達ご家族とご来場され、みんなでわいわい滑りました。^^



20170304_2
見て下さい、この青空!

絶好のバイスキー日和です。^^



20170304_3
あまりに気持ちが良いので、リフトの上で記念撮影。

父ちゃんっぺ。(笑)



20170304_4
優菜ちゃんのお父さんは、3シーズンに亘ってバゲィッティング(バイスキー操作)の練習をしてきました。

今日は、1本目からバゲッティングに挑戦!



20170304_5
こちらは2組目のご家族。

リフトの上で、ハイチーズ。^^



20170304_6
今までは、お父さんお母さんが近くを滑ってくれていましたが、この日は、コーチがテダーでサポートして、お父さんがバゲッティングに挑戦しましたー!



20170304_7
続けて、お母さんもー。^^



20170304_8
弟くんも一緒に、記念撮影。^^



20170304_9
お父さん、徐々に上手になり、早々にウェーブコースにも挑戦することができましたよー!



20170304_10
タイミングよく、みんなおろったところで、記念撮影。

これだけ人数がいると、迫力あるねー。^^



20170304_11
優菜ちゃんのとーちゃん、ガンガン上手くなっています!



20170304_12
山頂コースからもソロバゲッティングができちゃいました。

お見事!!!



20170304_13
後日、優菜ちゃんのお友達ご家族様が、コラージュをお寄せくださいましたー。



20170304_14
素敵な思い出写真を、ありがとうございました!


3シーズンに亘ってバゲッティングを練習してきた、高山優菜ちゃんのお父様よりご感想をいただきました

今シーズンも、大変お世話になりました。

昨年は、インフルエンザや体調不良で、1回しかバイスキーに行けませんでしたが、今年は、目標だったシーズン中3回行く事を無事達成出来ました。

これもすべて直さんのおかげですね!

まだ昔むかし若かった頃、「子供ができたら、雪山の素晴らしい景色の中で、一緒に滑りたい。」そう思ってましたが、身体の不自由な娘を連れて、標高2000㍍級の雪山の上に一緒に上がっている。

ネットの画面上で見てると、当然にしか思わないかもしれないけど、よ~く考えるととても驚きの素晴らしい事。

優菜の身体を知った時、こんな事思いもしてませんでした。

直さんに出会ってどんどん家族で楽しめる目標が、マスマス増えました。

夢が、実現出来ました。

今シーズンまだまだ滑り足りませんが、このへんで、お休みとした方が、良いのでしょうか?(笑) (やはり体が↓年齢には、勝てませんね!)

バイスキーの操作は、まだまだですが、やはり横滑りと、内足、外足動き、ブレーキの習得ですね!頭では、分かっているつもりなのですが?

来年の課題とします。それと負けない足つくり体力つくりですね。

これから春スキーだと標高の高い雪山へ朝いちで上がると山の木々が、凍りつきまるで天ぷらで揚げた用に真っ白に光って綺麗なんだよね!

そんな光景を来年は、子供達に見せたいなあ!

最後になりますが、直さん「夢を実現させてくれてありがとう」

齊藤より

とーちゃん、しびれるご感想、ありがとうございました。本当に本当に嬉しく、何度も拝読しました。

「夢が、実現できた。」

って、最高ですね!

高山家の夢を叶えるお手伝いができたのかと思うと、これ以上の魂のごちそうはありません。

素敵なチャンスを頂きまして、僕の方こそ、ありがとうございました。

障害があると「できないこと」に注目してしまう人が多くいます。

でも、できないことに着目するのではなく、どのようにそれをするか、何を使えばそれが実現できるかという視点こそが大事ですよね。

また、それって、僕達の(言葉で言う健常者の)毎日にも、当たり前に大事なことだと思います。

高山家は、どのようにそれをするか、何を使えばそれが実現できるかをいつも考えていらして、現場でご一緒する都度、指導する側の僕に学びが沢山ありました。

来シーズンは、是非ご家族だけでも、あちこちに滑りに行って下さいね!

あ、来シーズンのためにも、とーちゃんのオフトレ、よろしくお願いします。(笑)

レポートを読んでいたら何だか滑りたくなっちゃった人は・・・。