コーチ紹介:丸谷章子

● コーチ紹介:丸谷章子

こんにちは!知的・発達障害児のための「個別指導の水泳教室」チーフコーチの川鍋亜実です。

今日は、教室のコーチをご紹介します。^^

今日ご紹介するのは、コーチの丸谷章子(まるたにあきこ)です。


20161215_1

●丸谷章子(まるたにあきこ)

生年月日:10月21日
出 身 :東京都
専門種目:競泳



●丸谷章子コーチから

個別指導教室では、水泳指導をメインに

・4泳法習得のための指導
・プールを始めたばかりの生徒さんの水慣れや基本姿勢の指導


を主に指導しています。

私自身、水泳は3歳から現在まで競泳をしており、指導経験として

・幼児からシニアを対象
・水慣れ〜4泳法、水中ウォーキング、ヌードルエクササイズ


と幅広い指導をしてきました。

ここ数年、監視員として働いてきて、泳ぐ楽しさ、泳げる楽しさを伝えたいと思い、自己流だった指導法を見直すために基礎水泳指導員の資格を取りました。

ちょうどそのころ、「当教室(アダプティブワールド)で、水泳コーチを募集してる」と声をかけてもらい、指導の道に対して更に興味を持ち「コーチをやってみたい!」と思ったのがきっかけです。

私がコーチをしていて印象的だったできごとを、1つご紹介させていただきますね。

今年9月、当教室の水泳記録会の練習会の水泳指導に入ることがありました。

この練習会に参加した生徒さん、普段の個別指導教室では、マイペースに教室時間を楽しむ事が多いのですが、
「記録会の練習会」という緊張感のある練習会では、

・完泳できたことにいつも以上に達成感が溢れたり
・緊張の中泳いだことに疲労困憊したり
・完泳できなかったことに悔しさを覚えたり


と、様々な「表情」と「感情」を見せてくれました。

この練習会をきっかけに、私は「こういう『できた!』の喜びや『できなかった悔しさ』を、今後沢山の生徒さんに味わってもらいたい。」という思いが強くなり、今では複数の生徒さんの指導を、ご一緒させていただいています。

長年水泳に携わるなかで、4泳法(クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ)に基本とルールはありますが、「正解は無い」という考えを元に指導に入らせていただいてます。

クロール一つを取っても、

・肘を曲げる泳ぎ方

・肘を伸ばす泳ぎ方


と、泳ぎ方には何通りもあるんです。^^

生徒さん一人一人の個性を活かした練習方法や泳法を生徒さんと二人三脚でみつけ、楽しみながら目標達成をしていきます。^^

プールをやったことのない生徒さん、もっと泳法が上手くなりたい生徒さん、プールでお待ちしていますね!