障害者専門のスポーツ教室

お客様からお寄せいただいたご感想

  • HOME »
  • お客様からお寄せいただいたご感想

12月14日のスキー教室にご参加された、生徒さんのお母様よりお寄せいただきました。

14日は、本当にどうもありがとうございました。

本人も、初めてのスキーはとても楽しかったようです。

翌日、「なんかさぁ、足が筋肉痛なんだけどー。」とすごい笑顔(←しかもちょっぴりドヤ顔)で言ってくる我が子を見て、本当に参加してよかったなぁと思いました。

アダプティブワールドさんを知るまでは、まさかこの子と一緒にスキーができるとは思っていなかったので、母としても感慨ひとしおです。

「無知は罪なり」と言いますが、アダプティブワールドさんを知らなければ、スキーという体験もさせてあげられなかったし、私自身も子供と一緒にスキーを楽しむチャンスを逃していたのだと思うと、情報収集の重要性を再認識すると同時に、アダプティブワールドを主催する直さんにも本当に「感謝!!」の一言しかありません。

本人が楽しいのはもちろん、とても良いリハビリになるので、是非是非また参加したいと思います。

11月10日のロッククライミング教室にご参加された、陽太朗くんのお母様よりお寄せいただきました。

昨日の外岩クライミング教室、非常にエキサイティングでした!!本当にありがとうございました!

初の外岩、陽太朗はまあ、そこそこできるだろうなあとは思ってましたが、問題の母(^_^;)

ビギナー向けの最初の2本は、お~意外とイケルじゃないの!と調子に乗ってたんですが、後半の高い岩は途中でにっちもさっちもいかなくなり途方に暮れて、私なんでこんなとこで岩にへばりついているんだろう?!って、直さんのお誘いに乗ったことを一瞬後悔していました(–;)

けど、直さんと直也さんのお力添えで何とか上まで登りきると、それはそれはもうすばらしい達成感でしたー!

それにしても母があんなに苦労した岩をスイスイ登っていく息子を改めてスゲ~と思った次第でした。

お陰さまで親子とも充実の週末となりました。

陽太朗は帰ると父に「今日は色の無い(笑)ところを登りました。恐かったけどがんばりました!」と報告してました(^^)

直也コーチにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。今後ともよろしくお願いしますm(__)m
 
 
10月28日のトライク体験教室にご参加された、S君のお母様よりお寄せいただきました。

息子は、お外遊びが大好きな子です。

近所に年の近いお友達がたくさんいるので、よく混じって遊んでいます。

といっても、自分からは近づいていけないので、同じことができなくて彼なりに戦っています。

今回のトライクを通じて、”これに乗ったら自分から近づけるよ”というのを感じてくれればいいなと思っています。

手を拘束されるのが大っ嫌いな息子。グローブをつけたら泣くんだろうなぁっと思ってたら、やっぱり泣いた(笑)

初めはイヤイヤだったけど、散歩している犬を横目に”ワンワン♪” と言いながら、だんだんご機嫌になったので安心しました。

自分でも進めるのがわかると、兄弟2番目の知恵なのか周りにいる人にかまってもらいたくて、進めないふりをしたりと、余裕を見せてくれました。(笑)

初めてなのに、休憩もあまりとらずに楽しく頑張ってくれました。

お姉ちゃんにもお友達ができたりと、家族で実りある一日でした。

また参加したいと考えていますので、これからもよろしくお願い致します。
 
 
10月28日の水中運動教室にご参加された、さやかちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日は、大変お世話になりましてありがとうございました。

こういった形でのプールの経験がなかったもので、指示が通らなかったり、やりたい放題になってしまったら・・・などと不安に思いながら、初めて参加させていただきました。

運動量もたっぷりとれていたかと思います。

水の中で娘が楽しそうに身体を動かしていたことが、親としては何より嬉しいことでした。

これからでも遅くなければ、少しずつでも運動をする機会が持てるようにしていきたいと思います。

次回、11月11日の教室も申し込ませていただきました。

また、よろしくお願い致します。
 
 
10月8日のクライミング教室にご参加された、T君のお母様よりお寄せいただきました。

先日は、ご指導ありがとうございました。

子どもの頑張りに一喜一憂したり「あと一歩頑張れ!」と思わず力が入ったり、皆さんの簡単な指示が理解できない我が子がもどかしかったりで、見ていただけなのにドッと疲れました。。。

当の本人は帰宅後も公園に遊びに行くという凄い体力。。。

「だったらもっと登れただろ!」と言いたい所ですが、あれ以上上へ行くのは怖いのだと思います。回数を重ねて突破して行くのでしょうね。

子どもは、上へ登れた事が楽しかったと思いますが、私的には、だんだん先生の顔を見たり掛け声が出たのが嬉しかったです。

ちょっと感動してしまいました。。。沢山登れる事と同じ位、いや、それ以上に大切な事です。

この感じを忘れな内に、またやらせてあげたいととても思いました。

もちろん本人も「またやる!」と言っています。

「言葉」の理解が難しいので教えていて歯がゆかったと思いますが、根気よく、丁寧に教えて頂いてありがとうございました。

子どもにとって得るものがとても多かった1日でした。

参加して本当に良かったです!
 
 
9月23日の水中運動教室にご参加された、徳田三兄弟のお母様よりお寄せいただきました。

水中運動教室、おかげさまで3人とも非常に楽しんで、「また行きたい!」と言っております。

大きなプールに恐怖心のある長男はどんな反応をするか、心配でしたが、
顔合わせでかわいいお姉さん(すいませんお名前忘れました)におんぶしてもらえ、ご満悦。

次男もかわいいお姉さんに囲まれご機嫌。(すいませんそういうところだけ一人前の男どもなもので…)

最初に気持ちをほぐしていただけたので、すんなり着替えやプールにも行けたようです。

上から見ていたら、最初こそ怖がっていたようですが、最後の方はコースの中に入って行きもぐったりしていたようです。

プールのヘリから絶対手が離せず、お風呂でしか潜れなかった子なのに…楽しさが恐怖心に勝った!ってことでしょうか。

翌日は学校(特別支援学級)の朝の会で「土日楽しかったこと」として「プールが楽しかった、たくさん潜った」と発表したそうです。

担任の先生も驚いて大変喜んでいました。

次男はその前の日に別の障害児向け水泳教室でかなりハードに泳がされたので、「僕はプールはいやだ」と最初は言っていたのですが。。。

やっぱり「楽しかった!!!また行きたい!」でした。

我が家からかなり距離があるので、通うのが大変ではあるのですが、それをおしてもまた参加させていただきたいです。

月1回、というペースも無理がなくていいので、できるだけ続けたいと思います。

今回初めて障害者専用プールというところを見たのですが、肢体不自由の方や、知的にかなり重度の障害があるのかな?という方でもひとりで水泳 を楽しまれている様子に感銘を受けました。

一人でも長く続けられる運動として、泳げるようになればいいな、と思うので、おいおい個別指導なども利用させていただきたいと思います。

今回はありがとうございました。

次月もたぶん参加させていただくと思います。また正式に申し込みします。
 
 
9月23日の水中運動教室にご参加された、M君のお母様よりお寄せいただきました。

改めまして日曜日はありがとうございました。

はじめはどうなることかと心配しましたが、徐々に先生にも慣れて楽しく泳いでいる姿を見て安心いたしました。

学校のプールではしていないバタ足までやっているのを見て、家族と離れるのは嫌でもプールは好きなんだなと改めて感じました。

また、初めての場所・先生と触れ合うことが大変苦手な大樹ですが、先生方の優しい気遣い・ご指導のおかげでうまくなじめたのだと思い、改めて感謝の念が堪えません。

今後も、是非ご指導をお願いしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
 
 
8月26日のラフティング教室にご参加された、三木秋詩くんのお母様よりお寄せいただきました。

なおさん、こんばんは^^ この前はお世話になりました。初めてのラフティング、親子ともめちゃめちゃ楽しかったです♪

しゅうはどんな波が来ても微動だにしないけど、波が来るたびに横顔はずーっとニヤニヤ^^嬉しい顔でした。

しゅうはスキューバダイビングをしたり、何にでも挑戦することが大好きなので、参加前から特に何の心配もしていませんでした。

実際に参加して楽しんでいる様子を見ると、やっぱり何の心配もいらないし、来てよかったー!!!って気持ちでいっぱいでした。

そして、案の定『また行きたい!!!』と帰り道から言っています。というわけで、空きがあれば9月も参加したいです!!!あとで申し込んでおきます^^

なおさんをはじめ、皆さんの対応もとても良くて心地いい時間を過ごすことができました。

しゅうは自閉症ですが、こだわりも特になく、すぐに環境に適応するので、私はいつも障害児対象のイベントやキャンプだけじゃなく、健常児だけのところにも平気でしゅうを放り込みます(^^;ハワイのサマースクールに2週間放り込んだこともあります(笑)

なぜそんなことをするかというと、障害児対象のものは「物足りなかった」からです。

でも、ラフティングを経験して『これはいい!!!』と思いました。

しゅうも満足できる障害児対象の余暇を楽しめる場所が見つかって本当に良かったです♪ありがとうございました!!!
 
 
8月13日のロッククライミング教室にご参加された、中村翔くんのお母様よりお寄せいただきました。

翔、ロッククライミングに初挑戦。

ハーネスつけて、少しきつめの靴はいて、ここまででも、すんなり行けたのはすごい!

だから、登れたのは、30センチほどたったけど…翔にとっては、30メートルだったと思う。

頑張りました。じっくり付き合ってくださった、ダブル直さんに感謝です。

今更ですが、一緒にやらなかったこと、後悔しています・・・。
 
 
7月22日のトライク体験教室にご参加された、佐野なぎかちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

前回に続いて長距離の移動お疲れ様です!!

1人で運転大変だと思いますが、そのお陰でナギはトライクに出会えました!

今回のスイッチ。ナギも嬉しかったようですが、私も嬉しかったというか・・・感動しました!

めったにナギの力を目で見ることができないので、自分の力で頑張っている姿を見ると嬉しかったです。

秋にまたお会いできることを楽しみにしています。

次回は早めに申し込みます(^_^;)
 
 
7月22日のトライク体験教室にご参加された、山本創太くんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はありがとうございました!無事お帰りになられたとのことでお疲れ様でした~!!

お友達のTくん、ママががっつりサポートだったし、楽しかったかな?とちょっと不安だったんですが、おととい会った時に聞いたら、とっても楽しかったそうです^^

ボラの学生さんたちと遊んだりしたのも楽しかったそうです^^

また誘うね!と言ったらニッコリ^^

訓練で通っている病院には創太と同じ病気の子がたくさんいるのですが、昨日行ったときにプレゼン(笑)したら「次ぜひ行ってみたい!!」っていう子たくさんでした^^

みんな足は動くけど普通の自転車や三輪車は無理・・・ってあきらめてたので、「乗せてみたい!」って^^

秋まで信者をたくさん集めてお待ちしております(笑)

まだまだ暑い日が続きますので、なおさんもお疲れ出ませんように!

ありがとうございました^^
 
 
7月22日のトライク体験教室にご参加された、Kくんのお母様よりお寄せいただきました。

この度お友達に誘われたはじめて聞くトライク体験。

「自転車?」と初めはあまり乗り気ではなかった息子と私。でもいろんな体験、経験はさせてあげたいし必要だと常日頃から考えてはいたので「お友達も一緒だから」と息子を説得していざ出発。

会場に着いてまず息子のテンションをあげたのは学生のお兄さんお姉さんが待ってくれていたこと。なぜか分かりませんが好きなのです。(笑)

そしてカッコイイ自転車を目の前にかなりテンションもあがりヤル気が出てきた様子で私もホッとできたかんじでした。

周りのお友達が乗りはじめて自分も乗りたくなったのか『乗ってみる?』と聞くと嬉しそうに頷いたので合いそうなのをトライ!

直センセやスタッフの方たちに調整してもらい補助してもらいながら乗った自転車、自分で漕いで乗れた自転車は想像以上に楽しかったようでした~!!!

息子にとって初めはあまり乗り気ではなかったこのトライク体・・・。

やってみるとすごく楽しい、そして頭や身体に残った経験だったようで翌日から会う人会う人に『自転車に乗ってきたよ~!!』とジェスチャー付きで自慢気に話していたようです。

何のことか分からない人は「息子くんが自転車に乗ったって言ってましたが?」と私に聞いてくる人もいて、トライク体験でのことを説明すると納得して一緒に喜んだり誉めてくれたりして。^^

何より息子がお世話になっているPTの先生にも自分から写真や画像を見せて報告すると「すごーい!一人で乗れてるやん!!」と誉められていました。

それが本人も嬉しかったようでとても自慢気でした。^^

こんなに喜んでる息子を見ると私も本当にいい体験だったと実感しています。また行きたいって言ってます。
 
 
7月22日のトライク体験教室にご参加された、濱川咲恵ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はありがとうございました!今回も、楽し!そして大切な時間を過ごさせていただきました。皆様には感謝、感謝!です。

咲恵は体育館をでて、階段を降りたところで無表情でした。

漕ぎっぱなしだったので疲れたよね?ときくと無言でメソメソしはじめ…。泣くほど頑張ったようです。咲恵らしい…。^^

あの日は、本当にみんな頑張っていましたね。

それぞれのペースでそれぞれの楽しみを見出せ、それぞれの成長をさせてくれるトライクって素晴らしいですね。

またお会いできる日を心待ちにしております。
 
 
7月22日のランストツアー教室にご参加された、S君のお母様よりお寄せいただきました。

先日はありがとうございました。都立桜ヶ丘公園もすてきな公園で、久しぶりの、活動的で楽しい一日でした。

参加前に聞いた「10キロ(位)走る」ことと「坂道ダッシュ」の言葉に「この教室に参加しようなんて、身の程知らずだったか…」と、少し不安な気持ちでいました。

当日。東京マラソンで1位の生徒さんと一緒に走ると聞き、正直、不安が的中しちゃったかな?!と思いました。(そして、冷や汗も少し…)ですが、始まってみると活動の間はずっとマンツーマン。

アップ以外の走り込みの時には、前を走るのでも、後ろから追いまくるのでもなく、つねに横に寄り添ってくれて、絶えず声を掛けてもらいながら走るというのは、本人にとっても不安や、迷いなく走ることができてすごくよかったようです。終がけの息子の表情は、いつになく大変な運動をしたのだな…といった表情がみえました。

弟が階段を手すりなしでも階段を登ったことや、兄弟揃ってが坂道ダッシュできたこと、それについて行けたこと、驚きでした。

最後まで、弱音をはかずにできたなんて。

帰り道、どんな反応が返ってくるのかな、今日はどうにか頑張ったけど、次はいやっていうかな?とか思いながら、「今度、皇居でランストツアーあるけど行く?」と聞くと、なんと二人とも「行く!!」と速攻のお返事でした。(^^

「いや、今度はもっと厳しいかもよ」「平地だからもっと長い距離はしるかも?!」と、ちょっとはっぱをかけて聞いてみたのですが「いや、それでも行く。」と。

二人ともやっぱり走ること、好きだったんですね。

あれから毎晩少しずつですがお風呂上りのストレッチに励んでいます。

二人とも、かたい…(-_-;)でも痛い痛いと言いながらも嫌がらず意欲的に取り組んでいます。

腕立て伏せもしたりしてロッククライミングに備えていますょ(^-^)b

次回のランストツアーも参加の予定でいます。よろしくお願いします♪
 
 
7月15日のクライミング教室にご参加された、陽太朗君のお母様よりお寄せいただきました。

日曜日はロッククライミング初体験、とてもエキサイティングでした!!

小さい頃からやたら木に登りたがる子だったので好きかも・・・と参加させてみましたが、おかげさまで予想以上にハマッたようです!

何せ軟弱で根性ナシなので上までは無理かと思いましたが、結構登れちゃってビックリです(^O^)

直さんと直也コーチが盛りたててくださったおかげです!!!

でも確かにガニマタで降りる姿、非常に格好悪かったですね~^ロ^; それはまた次回修正ということで(^-^)

その日の日記には「ちょっとこわかったけどがんばりました。下におりるのが一番楽しかったです」と書いてました。

本人またやりますとその気のようですし(クライミング部部長就任もその気?!)、見学の妹は途中から「私もやりたいっ!!!」とまあウルサかったし、またお世話になりますがどうぞよろしくお願いしますm(__)m

ホントに連れていって良かったです。ありがとうございました!!
 
 
7月15日のクライミング教室にご参加された、池田健人君のお母様よりお寄せいただきました。

健人の頑張る姿を見ながら、のんびりお茶したり写真を撮ったり、最高な時間でした。

直さんのリードで健人もやる気になってくれて、新しいチャレンジができました。

朝の車では、「いつ帰るの?」「もう帰りたいなー 」などと言ってました。
瀬田でマックを買い、大好きなチキン&ポテトを食べながら~なんとか到着したのでした。

帰りの車中では、直さんたちに「頑張ったね!」と言われたのが嬉しかったのでしょう、「健人頑張った!!」と私に何度も言っていました。^^
 
 
7月8日のハンドサイクルブートキャンプにご参加された、平沢俊彦様よりお寄せいただきました。

ハンドサイクルブートキャンプ 本当に楽しかったです。そして思いっきり運動出来たことが嬉しかった。風を切って走れたことが嬉しかった。とにかく楽しかったです。

ウォーキングの人を対向の自転車を見計らって追い抜いて行くのも楽しかったですね。

何より齊藤さんのバックアップがあると思ったので思いっ切り身体を動かせました。

仲間と一緒に走るのも本当にいいものですね。走り終わった後のすがすがしさ、そして いい風が吹いてきて「気分最高!」でした。

参加前はやっぱり不安でした。

運良く自宅の近場でハンドサイクルに試乗でき齊藤さんとお会いすることができ「これならいける、絶対楽しい!」と感じ参加を決めました。

参加後は大げさでなく、心がツルっと一皮むけたようにスッとしました。
ストレス溜まってたんでしょうねー。

今日は全身筋肉痛で、特に肩がガチガチ、足もびりびりしびれてます。そこがまた嬉しい。なんでだろう普段は足のしびれはうっとうしく感じるのに。

気候にも恵まれました。

スタートして走り始めは小雨がぱらつき「ん!」と思いましたが身体があたたまってくると小雨が程良く身体を冷やしてくれ「いいじゃん。きもちいい!」となりました。

午後からはカンカンに照ることもなくかすかに曇っていて助かりました。

最初に上流に向かって走ってている時は漕ぎが微妙に重く感じましたが折り返すと漕ぎが楽になり速く走ることができ「楽しー!」が始まりました。

そのまま午前の部のゴールまで「楽しー!」は続きました。

午前の部を走り終え。身体がだるっとなりおトイレに行くのが結構効きつかったですね。

ランチを食べ終え 午後の部スタートの時は「もういいかも」とちょっと思っていました。

見栄をはって素知らぬ顔をしているつもりで走りだしましたがたぶん疲れた顔してたんでしょうね。

走りだしは肩が重く感じましたが、すぐになれ、また「楽しー!」が始まりました。

ひとつ嫌だったのは路面のスピード抑制のためのサイクリングロードの凸凹装置。

これが結構ストレスでしたね。背骨に響いてました。

長々と書いてしまいました。

ハンドサイクルと言う素敵なものに出会えました。

直さんにアダプティブワールドに感謝、天気に感謝、多摩川サイクリングロードに感謝、一緒に走れた仲間に感謝です。

ありがとうございました。
 
 
6月24日のトライク体験教室にご参加された、岡部武尊君のお父様よりお寄せいただきました。

早速、レポートブログの写真をチェックさせて頂きました!いい顔してましたね!

なつみさんには、中腰でずっとつきっきりの指導をして頂き、本当に申し訳ありません。

おかげで武尊は最高に楽しい時間を過ごせました。

「またやりたい」と指導する方の迷惑を考えずに言ってますので、またよろしくお願いします!^^
 
 
6月24日のトライク体験教室にご参加された、折茂佳哉君のお父様よりお寄せいただきました。

昨日お世話になった折茂です。どんな教室になるのか不安はありましたが、息子が思った以上に意欲的に取り組み、楽しく自転車に乗れたことは、親としてうれしく思います。ありがとうございました。

佳哉は脳性まひで、手足に不自由があるがために、外で元気よく体を動かせない日々が続いています。なので今回はとてもいい機会になり、また参加したいと思っています。

個人的には昔からスキーをやっているので、息子にも滑る楽しさを味わわせたいても思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。
 
 
6月16日のロッククライミング教室にご参加された、Mちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日は大変お世話になり、ありがとうございました。

娘は、5時間の長丁場で疲れていたと思うのですが、帰りの電車の中でも終始ニコニコで、クライミングがとても楽しかったようです。

初めての経験には、すぐに出来ない...と尻込みしてしまう子なのですが、天上までのあのカラフルな色に魅力を感じたのでしょうか、最後まであの場所にいられ、そして頑張って登ることが出来、親子共にとても充実した嬉しい一日でした。

帰ってから、家族に「どこに行ってきたの?」と聞かれ、「たくわんのお散歩!」と答えた娘...。

クライミングの壁には、大好きな「たくわん」がたくさん付いていたのですね~。

また、時間が合いましたら、次回も参加したいと思います。本当にありがとうございました。
 
 
6月16日のロッククライミング教室にご参加された、S君のお母様よりお寄せいただきました。

家族旅行で東尋坊に行った時、足がすくんで固まってしまった息子を思いだし、「高所恐怖症かも」と思い、前日に齊藤さんに「怖くて動けなくなってしまうかも!」と、メールをしてしまいました。

でも私の心配は全然違っていたようで、息子は自信満々で帰ってきました。ヘルパーさんからも息子の勇姿をートフォンで動画まで見せてもらいました。びっくりです。

また一つ、息子の楽しい世界を広げてくださりありがといございます。また、よろしくおねがいします。
 
 
6月10日の水中体験教室にご参加された、相原樹君のお母様よりお寄せいただきました。(教室開催中に、このご感想をメールでお寄せ下さいました。)

こんにちは、相原樹の母です。今、2Fから樹の様子を見ています(^o^)

今日は家を出る前に水着を隠され、またいつもの様に「お茶を買う事」にこだわっていたので、どうなる事かと思っていましたが…。

まあ、びっくり! )^o^(

Qちゃん(教室コーチ)のお話しもよく聞けて、プ-ル思いっ切り楽しんでいるではありませんか~☆ 体もよく動かしてますね~!

Qちゃんの声掛け、タイミングがいいんです~♪2Fを見ても、私に気を取られて、集中出来ないって事がない~(^-^)

こんなにプ-ルが好きなら、発作も落ち着いているので、今年の夏は全部参加出来たらなあ~と思います(^o^)

前回のラン&ストレッチもそうですが、樹が運動を楽しみながら、頑張っている様子を見られて、参加してよかったです☆

プ-ル後半も頑張れ~♪
 
 
5月27日のトライク体験教室にご参加された、ななちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

歩行の準備の為、右左と足を出す事を覚えさせる為に自転車に乗らしてみたらどうかと整形の先生にアドバイスを頂き、からだも大きくなり三輪車では小さい為、一般の自転車でどうにか乗れないかとPTの先生や自転車屋さんとあれこれ考え、子供自転車に大人用のサドルとペダルを付けて乗せていました。

でも、自転車はペダルと連動していないためペダルに足をのせたままにすることが出来ず手作りベルトで固定をしてみたものの上手くいかず、私達が足を押さえなおかつ漕げる様に足の補助をしていたので大変でした。

足の固定をしてくれてなおかつ市販の自転車に取り付けられるサドルがある!!とキッズフェスタで知ったときはなんて、かゆい所に手が届く商品なんだ!!と主人と感激したんです!!!

体験会では周りが気になってしまったせいか、キッズフェスタで試乗させて頂いた時のが上手に漕いでいたように思います(-_-)が、乗ってるうちにだんだん上手になってきた様でした。もう少し乗りたかったなー!!

体験会に参加させて頂いて、もちろんトライクを楽しめましたが、斎藤さんはもちろん。色々な方と出会う事が出来たのも嬉しかったです。

同じ日に参加されていた方とまた他の教室でお会い出来たらいいな!!

あの河川敷も素敵な場所で、また遊びに行こうと思っています。
 
 
5月27日のトライク体験教室にご参加された、柊喜君のお母様よりお寄せいただきました。

先日は、5月27日トライク体験教室に参加させていただきまして、ありがとうございました。

柊喜は、カレンダーを見て、27日をとても楽しみにしていました。

そして当日、手漕ぎ、足漕ぎと、次々と自転車を乗り回し、暴走したり、コースを外れて坂を下ったり^^と、3時間たっぷりと体験する事ができました。

最後のレースでは、齊藤さんの話を聞いていた?!にも関わらず・・・わざと外れてみたり、皆に突っ込まれるのを待っているかのようにドーンと、あたってみたり、やりたい放題して、ゴール!

そして、チャンピオンで商品もゲットしてしまいました。(笑)

この3年間、キッズフェスタ内での試乗でしたので、外で思いっきり走れたのには、たまらなかったのでしょうね。^▽^今年は、柊喜に一番合う自転車をプレゼントしようと考えています。

訓練とは違い、自分で、自分の力で、足や手を動かす。バランスも大切。

自分でコントロールして、動かしていくことで、新しいことが出来るきっかけ、又は「出来た!!」の自信を持たせてあげたいと思います。

柊喜も小学2年生になり、就学前は、入退院がとても多かったですが、体力もつき、小学生になってからは日に日に力がついてきているようですよ!!

長時間、暑っい中、元気でしたし、体調も崩すことなく過ごしています。

あの1日でこんがり柊喜になりました。齊藤さん、ありがとうございます。
 
 
5月27日のトライク体験教室にご参加された、N君のお父様よりお寄せいただきました。

先日はトライク体験教室に参加させていただき、ありがとうございました。

普段J-Workoutでトレーニング前に時間があるときにリハトライクに乗っているのですが、外で思いっきり走れるともっと気持ちいいだろうと思い参加を決めました。当日は良すぎるほどの天気に恵まれて、日焼け跡がヒリヒリしています。

今回初めての参加でしたが、直さんには何度かお会いしているのと、ホームページやkunさんのブログでも拝見しているので不安はありませんでした。

ズラリと並んだトライクのどれに乗ってもいいという贅沢。

照りつける日差しの下、我が子がとっても楽しそうにトライクに乗っている姿が目に焼きついています。

普段外で体を動かして遊ぶことなど皆無なので、息子にとっても新鮮な素晴らしい体験になりました。

何度も往復して、一体何km走ったんでしょうね。

しかも想像以上の速さにびっくり。帰りの車の中でぐっすり、帰って夜もぐっすりと眠りました。

相当疲れたとは思いますが、心地良い疲労感だったと思います。あのトライクを漕いでいるときの笑顔が物語っています。

参加された他の子達の笑顔もとても輝いていました。

ちょっと更新が滞っていますが、ブログでも後日レポートしたいと思います。いろいろお世話になりありがとうございました。
 
 
5月13日のハンドサイクル・トライク体験教室にご参加された、Aちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はお疲れ様でした。とても楽しく、充実した1日を過ごせました。

とってもこの日を楽しみにしていた・・・でも、行きの車の中で、「私は、誰かの役にたてる人になりたかった。 歩けてたら違ったよね‥?」と・・・。

普段の生活から、皆が出来る事が出来ない辛さを感じている事を再確認させられました。(涙)

でも、着いたらハンドサイクルや、お友達を見つけ笑顔になり安心!!

臆病で怖がりの娘をリハトライクに乗せてもらい、乗れた感じを満喫し、ハンドサイクルより、リハトライクが大好きになりました。もぅ買う気マンマン!!

そして、帰ってから娘に変化が!

怖くて泣いて乗る事が出来なかった新品の自転車に「乗ってみる!!」との事!足を回しながら、漕ぐことは出来ないし、不安定で倒れそうだったりするけど、あれからは、普通の自転車を乗る事を楽しみに、学校から帰って来ています。

出来た!乗れた!という自信ってスゴイですね!

いろんな経験が出来、そして自信がつく体験に、親子共に感謝しています。

ラフティング・スキーも体験したいと思ってます。今後共よろしくお願いします!
 
 
5月12日のハンドサイクル・トライク体験教室にご参加された、久保育美さんよりお寄せいただきました。

先日は、とっっても楽しい時間をありがとうございました!!

もうすぐ一週間が経とうとしているにも関わらず、あの日を思い出すと(笑)ワクワク感がとまりません。

普段、車いすで生活している私にとって、“自転車に乗れる”という頭はありませんでした。

がしかし、ハンドサイクルに乗ったあの感覚は…間違いなく“自転車”です!!

大人気ない大人ですが(笑)心の底からはしゃぎました。

そして、直さんをはじめ、参加されてるみなさんのキラキラ輝く笑顔は、素敵すぎでした!

来年も、絶対に九州ガールズは参戦します!本当にありがとうございました。
 
 
4月14日のトライク体験教室にご参加された、T君のお母様よりお寄せいただきました。

当日はとても楽しませていただき有難うございました。「めっちゃ楽しかったぁ」そうです!

息子は、昨年より体幹失調の障害をうけ今までのように、自由に走ったり公園で遊んだりできなくできました。ですので、トライクに乗り、晴天の中、自分の意思のままに自転車で走りまわれたのが、とても楽しかったようです。

次の日、学校の作文に、「タイヤが3つついていて、こぎやすくて楽しかった」と書いてました^^本当に有難うございました。

まだまだ体力がなく、帰りはぐったりしていましたが、心地よい疲れだったと思います。

今は車椅子を作っているところで、すぐにトライクを買う予定はないのですが、レンタルできたり、リハビリ施設で利用できたり等、気軽に使える機会がまたあれば嬉しいなと思います。
 
 
4月14日のトライク体験教室にご参加された、佐野凪華ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

最初は、娘の力で動かせるか心配でしたが、なんとかゆっくですが、自分の力で進めたことが嬉しかったようです。

外を走っていた時は父親に後ろから少し押してもらいながらでしたが、100%自分の力でなくても、自分で動かせてるという喜びが大きかったようです。

あとは、見た目のことも心配でした。娘はお友達が乗っているカワイイキャラクターの自転車に憧れていましたので…おまけに自転車ではなく三輪車ですし…

けれども、これは大人の感覚で、娘は楽しくて楽しくて大満足のようでした。

娘にとっては三輪車ではなく自転車だったようです。私の反省しないといけないところです。

帰り道、「あの自転車がほしい。。。」とつぶやくほどのお気に入りとなったようです。

次回の体験教室も親子で楽しみにしています。本当にありがとうございました。
 
 
4月14日のトライク体験教室にご参加された、廣川景亮さんよりお寄せいただきました。

土曜はめちゃ楽しかったです!新たな可能性が広がりました!

普段左膝の部分に装具をはめているので、左脚の筋肉があまり使われていなくて、左脚が弱くなっていました。

お医者さんには膝の反り返りが危険やから、安全第一に考えて装具はずっとと言われていました。

でも当日は装具を外して行きました。

自転車でペダルをこいでいて、膝の反り返りもなく、三輪やから安定してるし、こぐことで左脚を鍛えてるってのも感じて、いいイリハビリにもなるし、やっぱ乗ってたら風が気持ちいいし、すごく満足しています!最後のレースも無事?一着でなくて良かったです(笑)

帰って友達にこの話をしたら、行動範囲も広がるし良かったなぁ~!って言われました。

自分でもいろいろ取り組んでいますが、Adaptive Worldのイベントにも参加して、もっと可能性を広げたいと思っています。

よろしくお願いしますm(__)m
 
 
4月8日のパラカップで見事完走を果たしたのはらちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

パラカップ、本当に本当に ありがとうございました(^.^)(-.-)(__)

家族で興奮覚めやらぬ一日を過ごさせていただきました。

私なんか今日になってもまだ、思い出しては涙、人に話しては涙、ビデオを見ては号泣ですよ!

制限時間は越えてしまったし ビリッケツだし…なのにこの達成感!ひとえにユリさんのお陰ですm(__)m

練習の成果・大会を楽しむこと・経験、どれも200パーセント達成出来ましたよね!

今回のチャレンジで、のはらに一番感じて欲しかったのは達成感と自信です。

そういう意味ではこの初マラソン、完璧な出来!!と言っていいですよね。

そして、のはらも私も、何十人・何百人という声援を一気に浴びて、スゴい強いプラスエネルギーが充電された気がします。

ああいう場所っていいですね。頑張った人は全員主役っていう空気、感動でした。

また更なる目標に向かって 頑張っていきましょう!本当に ありがとうございました。
 
 
3月18日のスキー教室にご参加された、圭佑君よりお寄せいただきました。

今日はありがとうございました。楽しかったです!!

虹のところ最初すごい難しかったけど最後にはまっすぐ行けて良かったです。それがいちばんうれしかったです!!\(^o^)/ またバイスキーやりたいです!!とにかくたのしかったです

今度はハンドサイクルやりにいきたいです。行けたら絶対いきたいです!
いや、絶対いきたいと思っていますが・・・。^^

ホントに今日は楽しかったですありがとうございました。
 
 
3月5日のスキー教室にご参加された、佑奈ちゃんのお父様よりお寄せいただきました。

昨日は悪天候の中、お世話になりました。

佑奈の緊張を緩める齊藤さんの絶妙な掛け声(リード)と体の硬さからくる痛みも昨年より若干良かったのか、笑顔も見せ滑ってくれていたので、親として大満足です。

また、約束を守って滑っていたなんて感激です。

帰りは、大好きな温泉にも入り、車中でも笑顔(ご機嫌)今日もお土産片手に、元気に登校出来ました。

来シーズンは目標通り、天気の良い(晴れ)中で滑べらせてあげたいです。ありがとうございました。
 
 
3月4日のスキー教室にご参加された、山口未来君のお父様よりお寄せいただきました。

未来は、帰り道から「またお願いします。」の連続でした。

昨年よりバイスキーに慣れたのか、はしゃぎぶりは昨年以上のように思われます。帰宅して2日がたちますが、いまだに顔を見るとスキーのことばかりです。

今シーズンは妹の受験の関係でシーズンインが2月末からとなりましたが、来シーズンは早めのシーズンインが可能ですので、より早い時期から無理をお願いすることとなると思いますで、その際にはよろしくお願いします。
 
 
3月3-4日のスキー教室にご参加された、幸長菜央さんのお母様よりお寄せいただきました。

今年は結構力をいれてスキーに取り組みました。行くたびに上手になるのがうれしいです。

どこまで私たちがついていってあげられるか不安もありますが、親子で出かけることをこんなに楽しめるようになったことをとてもうれしく思います。

スキーをしてラフティングして、ランニングをして菜央の毎日はとても充実しています。ほんとにありがとうございました。またよろしくお願いします。
 
 
3月1-2日のスキー教室にご参加された、塩澤実さまよりお寄せいただきました。

チェアスキーの楽しさは期待通りでした。

まず受傷後ついに、スピードをコントロール下における乗り物に出会えたこと。そして山の中に帰るための糸口を見出せたこと。

帰りの高速道路でも自動車のサスが動く度にチェアスキーに乗っている感覚を思い出して、後ろが滑り出すような気がしたりライン取りが気になったり、自分で思っている以上にハイになっていました。

密かに目標としていた「リフトにひとりで乗る」「転んだ状態からひとりで起き上がる」は、そのまま次回の課題となってしまいましたが、実際にやってみて必要なステップだと納得しました。

何となくイメージしていた通りにスキー板のエッジが使えてしまったのですが、初めてスキーを履いたときも何となくシュテムターンが出来たために、斜度に関係なく降りて来られるものだから、そこから上達しなくなってしまったものでした。

ひとりだったならエッジを使って斜面を切ることでごまかして、回数を滑ることにハマってしまったと思います。

ですが今度こそパウダーを滑れるようになるために圧雪されたゲレンデにエッジを引っ掛けての滑りは卒業しなければと、思い知ったことが大きな収穫でした。ひとりだちはまだ早い、と。

とはいえ、ひとりでトレーニングできるようにならなければ上達も望めませんし「滑りたい欲」も果たせませんので、もう一度(で済むかどうかはともかく)きちんとレクチャーを受けて、ひとりでリフトに乗りひとりで起き上がって基本の反復練習はひとりで出来るようになりたいものです。

具体的な課題を考えられるのも今回機会を用意して頂いたからでした。ありがとうございました。

アダプティブワールドの活動主旨も大変興味深いのでまたお話しを伺えればと思います。
 
 
2月19日のスキー教室にご参加された、Nちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日は、レッスンありがとうございました。

娘は、レッスン前に先生が怖いのではないかととても緊張してましたが、とてもやさしい先生ですぐに緊張がほぐれ、親と一緒に滑るよりも楽しかったようです。

ターンも少し?できるようになったようで親が教えてもなかなかできなかったことを教えていただきとてもありがたく思っております。

私たち夫婦も、娘がレッスン中は久しぶりに山頂まで行って上級者コースを滑ったり、とても楽しむことができました。(でも、オットは娘がいなくて寂しいとずっと言ってましたがw)

また是非、お願いしたいと思います。
 
 
2月12日赤羽ハーフマラソン大会に父子で初出場した翔君のお母様より、お寄せいただきました。

本当に、本当に、良い経験をさせていただいたと、感謝の気持ちで一杯です。

きっと、個人では、参加しなかったでしょうし、エントリーしても、あの雰囲気に、呑まれて、スタートきれなかったと思います。

10キロに、参加した父親は、沢山の人と走るあの雰囲気は 独特だった、初めての経験だったと言っていました。走った人にしかわからないんでしょうね。
 
 
2月5日にスキー教室にご参加された、琢麻君のお母様よりお寄せいただきました。

日曜日はお世話になりましてありがとうございました!

今シーズン初滑り、1年ぶりのスキーだったのにちゃんと滑れたそうで♪ 体が覚えているんですね~。

昼食後のやる気急降下は相変わらずですがあんなダラダラ琢麻を動かしてくださる技量に毎回感謝しきりです。

年齢が上がるにつれ、頑固な面も増えてきてて、あの状態からまたゲレンデに連れ出すのは主人や私では、できないんですよね。

いつも根気強く琢麻に付き合ってくださるスタッフ皆さまに心から感謝申し上げます。

そして、あんなにグズってたくせに「またスキー行く?」と聞くと「行く!」と答えるので(^_^; スケジュールを確認してまたお願いしたいと思っています。
 
 
個別指導教室にご参加下さる、一朗君のお母様よりお寄せいただきました。

冬休みは楽しいクリスマスやお正月などの行事があります。

でも、寒いですから自ら外へ出て、運動をしようとは思えません。うだうだしているうちにこどもはメタコロちゃんになってしまいます。

最近は安定してきて、偏食がなくなりいろいろな食事ができるようになり喜んでいたものの、運動量が少なくどうしたらいいだろう、と困っていたところ、「冬休みに運動することを生活習慣にしちゃおう!」を知り、これは!!と思い参加しました。

プログラム当日は毎回厳寒なので、気合いを入れて出発するのですが、プログラム終了後の本人のすがすがしい表情を見ると「あぁ、参加させてよかった、ありがたいな。」といつも思います。

コーチの後藤優理さんのとびきり明るい笑顔もとても素敵です。^^

こんな楽しい経験を積んで育っていける環境があり幸せに思います。

いつもありがとうございます。
 
 
個別指導教室にご参加下さる、慧君のお母様よりお寄せいただきました。

慧にとって、優理先生のご指導は、新鮮で、進歩する自分が楽しくて仕方がないようです。

7歳まで、海の波が怖くて足首までも入れなかったのが、嘘のようです!

優理先生のプールが始まってから、慧が落ち着いてきたような気がします。

児童精神科の安定剤を減らしても、良い気がします。

体型はトトロの慧ですが、気は小さいんですよねー。今のやる気が、このまま続くとうれしいです。^^

泳げるようになったら、走るフォームやドリブルのご指導もいただけたら嬉しいなと、夢みております。

どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
1月28日にスキー教室にご参加された、ななちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

約1年ぶりのスキーで不安もありましたが、齊藤先生、えみ先生、のおかげで、とても楽しく充実した一日となりました。(^o^)

娘をみて、去年より慎重になった気がします。都合よく解釈すると、怖さに気付けるようになったのかな・・・と。

都合悪く(本当のところ?!)解釈すると、太って身体の動きがより鈍くなったのかな・・・と。(ーー;)

感心してしまうのは、斜面がどんなでも、同じスタイル!同じスピード!なこと(笑)。これって、ある意味凄いことだと思うのです。

緩斜面ではもう少しスピードだそうよ!って思ってしまいますf^_^;)。

えみ先生がついててくださるんだから勇気出せ~って応援しておりましたが~、自信ないのかな^^;。

まぁ、年甲斐もなく張り切ってコケて膝怪我して迷惑かけてしまったわたくしよりはるかに良いので、これから少しづつ頑張ってくれたらと、のんびり応援していきたいと思います。(^O^)/

スキーの充実はもちろん(^ ^)、ランチもお茶タイムも楽しかったし、参加させていただいて本当に良かったです。ありがとうございました。

ご紹介いただいたホテルもとっても素敵なところでした。冬の露天風呂最高!って、娘と二人ご満悦でした~。

すんごい寒くて手摺りが凍っていて、触れるとくっついてしまうほどで、雪がキラキラで、日頃、風情とは無縁の母子でも感動しました(^ ^)
 
 
1月22日にスキー教室にご参加されたK君のお母様よりお寄せいただきました。

車山の感想ですが、一言「大満足」です!(笑)

息子が、ちゃんという事を聞いて、靴を履いたり、板に乗ったりなんて本当に出来るのかしら?と不安でドキドキしていました。

そばに付いていると、どうしても甘えてきてすぐに「ヤダ、やりたくない」なんて言うので、伊佐地さんにお任せして姿を消してしまいましたが何度か二人の前へ行くたびに、どんどん上達して頑張っている姿が目に入り、本当に涙が出るくらい嬉しかったです。

今まで、スキー場に行っても「やらない、ヤダ」の一言で、私もやらせる勇気が出せず、いつもキッズスペースで時間を持て余して過ごしていましたが、これからは、息子が楽しめるように出来るだけプログラムに参加させてあげたいと考えています。

多分、今シーズンは次回で最後になってしまうと思いますが、息子が「またやりたい!」という気持ちのままで、次回も終了出来ればと思います。

臆病で、運動が大の苦手ですが、「自分でも出来るんだ!」という自信が本人に少しついたと感じています。

翌日(月曜日)、学校へ行って朝、担任の先生にプログラムを受けている時の写真を見せたらすっごいドヤ顔で「やったね、スキー、やった。」と自慢していました。この姿を見ると、「参加して良かった」と感じます。

そして何より、コーチの指導に、感謝しております。なかなか自分からは挑戦するのが苦手な性格の子を、よくリフトに乗せ上から滑って下りて来れたと、感心しきりでいっぱいです。

安心してこれからもお願い出来る強力な味方を見つけたような気分で心強いです。
 
 
1月15日にスキー教室にご参加された颯樹君のお父様よりお寄せいただきました。

日曜日はありがとうございました!レポートもありがとうございました!
颯樹はすごく喜んでいたし、そんな颯樹を見て親の方も嬉しかったです。(^0^)/

颯樹は、帰りの車の中もず~っと喋ってましたよ。お風呂でも「水泳用のゴーグルならある」と言って齊藤さんに笑われた話とか・・・。

ただ月曜の朝は、「颯樹、朝だよー! 起きてー!」と何度呼べど、叩けどビクともせず、やっと起きてご飯を食べたものの「今日ダメ~」と結局学校をお休みしちゃいました。でもまあいいかって感じです。

3年前、初めてそり遊びをした時もすごくニコニコしてて、その顔を見ながら「あ~、こうして楽しいことをさせていけば、この子は大丈夫なんだな」と理由もなく感じたことを思い出しました。

日曜日のお昼も、ただ座ってるだけなのに颯樹の目が☆キラキラ☆してて
「今すごく、この子の生命力がupしてるな~」
「こういう楽しい経験が、この子の生きる力につながっていくんだな~」
なんて考えてました。

コースを外れていろんなとこにつっこんでいったのも、きっと楽しかったと思います。どうしても周りの大人って、障害のある子に対して、危なくないようにって接してしまいますよね。

以前同級生の子が車いすを押してくれたとき、ふざけて蛇行したり、築山のふもとを斜めになって走ったりすると、とっても喜んでました。

でも押してくれた子が「危ないから」って叱られちゃったんです。(もちろん、善意ではあるんですけど・・・)

今回はなんといっても齊藤さんでしたので、安心してスリルを体験させることができました。心から感謝です。

颯樹にはこれからも、楽しくて夢中になれる瞬間をいっぱい経験していって欲しいと思います。颯樹にも毎年「スキーしたい! いつ齊藤さん来るの?」って言われることは間違いなしですね!

どうぞこれからも宜しくお願いしますm( _ _ )m

盛岡でのスキー教室も、是非実現させてください!本当にありがとうございました!!!

お気軽にお問い合わせください。 TEL 042-401-6523

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る