NPO法人アダプティブワールド 障害児者専門のスポーツ教室 l お客様の声

NPO法人アダプティブワールド

障害児者専門のスポーツ教室

客様からお寄せいただいたご感想

11月10日のロッククライミング教室にご参加された、陽太朗くんのお母様よりお寄せいただきました。

昨日の外岩クライミング教室、非常にエキサイティングでした!!本当にありがとうございました!
初の外岩、陽太朗はまあ、そこそこできるだろうなあとは思ってましたが、問題の母(^_^;)
ビギナー向けの最初の2本は、お~意外とイケルじゃないの!と調子に乗ってたんですが、後半の高い岩は途中でにっちもさっちもいかなくなり途方に暮れて、私なんでこんなとこで岩にへばりついているんだろう?!って、直さんのお誘いに乗ったことを一瞬後悔していました(--;)
けど、直さんと直也さんのお力添えで何とか上まで登りきると、それはそれはもうすばらしい達成感でしたー!
それにしても母があんなに苦労した岩をスイスイ登っていく息子を改めてスゲ~と思った次第でした。
お陰さまで親子とも充実の週末となりました。
陽太朗は帰ると父に「今日は色の無い(笑)ところを登りました。恐かったけどがんばりました!」と報告してました(^^)
直也コーチにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。今後ともよろしくお願いしますm(__)m


10月28日のトライク体験教室にご参加された、S君のお母様よりお寄せいただきました。

息子は、お外遊びが大好きな子です。
近所に年の近いお友達がたくさんいるので、よく混じって遊んでいます。
といっても、自分からは近づいていけないので、同じことができなくて彼なりに戦っています。
今回のトライクを通じて、”これに乗ったら自分から近づけるよ”というのを感じてくれればいいなと思っています。
手を拘束されるのが大っ嫌いな息子。グローブをつけたら泣くんだろうなぁっと思ってたら、やっぱり泣いた(笑)
初めはイヤイヤだったけど、散歩している犬を横目に”ワンワン♪” と言いながら、だんだんご機嫌になったので安心しました。
自分でも進めるのがわかると、兄弟2番目の知恵なのか周りにいる人にかまってもらいたくて、進めないふりをしたりと、余裕を見せてくれました。(笑)
初めてなのに、休憩もあまりとらずに楽しく頑張ってくれました。
お姉ちゃんにもお友達ができたりと、家族で実りある一日でした。
また参加したいと考えていますので、これからもよろしくお願い致します。


10月28日の水中運動教室にご参加された、さやかちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日は、大変お世話になりましてありがとうございました。
こういった形でのプールの経験がなかったもので、指示が通らなかったり、やりたい放題になってしまったら・・・などと不安に思いながら、初めて参加させていただきました。運動量もたっぷりとれていたかと思います。
水の中で娘が楽しそうに身体を動かしていたことが、親としては何より嬉しいことでした。
これからでも遅くなければ、少しずつでも運動をする機会が持てるようにしていきたいと思います。
次回、11月11日の教室も申し込ませていただきました。また、よろしくお願い致します。


10月8日のクライミング教室にご参加された、T君のお母様よりお寄せいただきました。

先日は、ご指導ありがとうございました。
子どもの頑張りに一喜一憂したり「あと一歩頑張れ!」と思わず力が入ったり、皆さんの簡単な指示が理解できない我が子がもどかしかったりで、見ていただけなのにドッと疲れました。。。
当の本人は帰宅後も公園に遊びに行くという凄い体力。。。「だったらもっと登れただろ!」と言いたい所ですが、あれ以上上へ行くのは怖いのだと思います。回数を重ねて突破して行くのでしょうね。
子どもは、上へ登れた事が楽しかったと思いますが、私的には、だんだん先生の顔を見たり掛け声が出たのが嬉しかったです。ちょっと感動してしまいました。。。沢山登れる事と同じ位、いや、それ以上に大切な事です。
この感じを忘れな内に、またやらせてあげたいととても思いました。もちろん本人も「またやる!」と言っています。「言葉」の理解が難しいので教えていて歯がゆかったと思いますが、根気よく、丁寧に教えて頂いてありがとうございました。子どもにとって得るものがとても多かった1日でした。参加して本当に良かったです!


9月23日の水中運動教室にご参加された、徳田三兄弟のお母様よりお寄せいただきました。

水中運動教室、おかげさまで3人とも非常に楽しんで、「また行きたい!」と言っております。
大きなプールに恐怖心のある長男はどんな反応をするか、心配でしたが、
顔合わせでかわいいお姉さん(すいませんお名前忘れました)におんぶしてもらえ、ご満悦。
次男もかわいいお姉さんに囲まれご機嫌。(すいませんそういうところだけ一人前の男どもなもので…)
最初に気持ちをほぐしていただけたので、すんなり着替えやプールにも行けたようです。
上から見ていたら、最初こそ怖がっていたようですが、最後の方はコースの中に入って行きもぐったりしていたようです。
プールのヘリから絶対手が離せず、お風呂でしか潜れなかった子なのに…楽しさが恐怖心に勝った!ってことでしょうか。
翌日は学校(特別支援学級)の朝の会で「土日楽しかったこと」として「プールが楽しかった、たくさん潜った」と発表したそうです。
担任の先生も驚いて大変喜んでいました。
次男はその前の日に別の障害児向け水泳教室でかなりハードに泳がされたので、「僕はプールはいやだ」と最初は言っていたのですが。。。やっぱり「楽しかった!!!また行きたい!」でした。
我が家からかなり距離があるので、通うのが大変ではあるのですが、それをおしてもまた参加させていただきたいです。
月1回、というペースも無理がなくていいので、できるだけ続けたいと思います。
今回初めて障害者専用プールというところを見たのですが、肢体不自由の方や、知的にかなり重度の障害があるのかな?という方でもひとりで水泳 を楽しまれている様子に感銘を受けました。
一人でも長く続けられる運動として、泳げるようになればいいな、と思うので、おいおい個別指導なども利用させていただきたいと思います。
今回はありがとうございました。
次月もたぶん参加させていただくと思います。また正式に申し込みします。


9月23日の水中運動教室にご参加された、M君のお母様よりお寄せいただきました。

改めまして日曜日はありがとうございました。
はじめはどうなることかと心配しましたが、徐々に先生にも慣れて楽しく泳いでいる姿を見て安心いたしました。
学校のプールではしていないバタ足までやっているのを見て、家族と離れるのは嫌でもプールは好きなんだなと改めて感じました。
また、初めての場所・先生と触れ合うことが大変苦手な大樹ですが、先生方の優しい気遣い・ご指導のおかげでうまくなじめたのだと思い、改めて感謝の念が堪えません。
今後も、是非ご指導をお願いしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


8月26日のラフティング教室にご参加された、三木秋詩くんのお母様よりお寄せいただきました。

なおさん、こんばんは^^ この前はお世話になりました。初めてのラフティング、親子ともめちゃめちゃ楽しかったです♪しゅうはどんな波が来ても微動だにしないけど、波が来るたびに横顔はずーっとニヤニヤ^^嬉しい顔でした。
しゅうはスキューバダイビングをしたり、何にでも挑戦することが大好きなので、参加前から特に何の心配もしていませんでした。実際に参加して楽しんでいる様子を見ると、やっぱり何の心配もいらないし、来てよかったー!!!って気持ちでいっぱいでした。そして、案の定『また行きたい!!!』と帰り道から言っています。というわけで、空きがあれば9月も参加したいです!!!あとで申し込んでおきます^^
なおさんをはじめ、皆さんの対応もとても良くて心地いい時間を過ごすことができました。しゅうは自閉症ですが、こだわりも特になく、すぐに環境に適応するので、私はいつも障害児対象のイベントやキャンプだけじゃなく、健常児だけのところにも平気でしゅうを放り込みます(^^;ハワイのサマースクールに2週間放り込んだこともあります(笑)なぜそんなことをするかというと、障害児対象のものは「物足りなかった」からです。
でも、ラフティングを経験して『これはいい!!!』と思いました。しゅうも満足できる障害児対象の余暇を楽しめる場所が見つかって本当に良かったです♪ありがとうございました!!!


8月13日のロッククライミング教室にご参加された、中村翔くんのお母様よりお寄せいただきました。

翔、ロッククライミングに初挑戦。ハーネスつけて、少しきつめの靴はいて、ここまででも、すんなり行けたのはすごい!
だから、登れたのは、30センチほどたったけど…翔にとっては、30メートルだったと思う。頑張りました。じっくり付き合ってくださった、ダブル直さんに感謝です。
今更ですが、一緒にやらなかったこと、後悔しています・・・。


7月22日のトライク体験教室にご参加された、佐野なぎかちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

前回に続いて長距離の移動お疲れ様です!!
1人で運転大変だと思いますが、そのお陰でナギはトライクに出会えました!
今回のスイッチ。ナギも嬉しかったようですが、私も嬉しかったというか・・・感動しました!
めったにナギの力を目で見ることができないので、自分の力で頑張っている姿を見ると嬉しかったです。
秋にまたお会いできることを楽しみにしています。
次回は早めに申し込みます(^_^;)


7月22日のトライク体験教室にご参加された、山本創太くんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はありがとうございました!無事お帰りになられたとのことでお疲れ様でした~!!
お友達のTくん、ママががっつりサポートだったし、楽しかったかな?とちょっと不安だったんですが、おととい会った時に聞いたら、とっても楽しかったそうです^^
ボラの学生さんたちと遊んだりしたのも楽しかったそうです^^
また誘うね!と言ったらニッコリ^^
訓練で通っている病院には創太と同じ病気の子がたくさんいるのですが、昨日行ったときにプレゼン(笑)したら「次ぜひ行ってみたい!!」っていう子たくさんでした^^
みんな足は動くけど普通の自転車や三輪車は無理・・・ってあきらめてたので、「乗せてみたい!」って^^
秋まで信者をたくさん集めてお待ちしております(笑)
まだまだ暑い日が続きますので、なおさんもお疲れ出ませんように!ありがとうございました^^


7月22日のトライク体験教室にご参加された、Kくんのお母様よりお寄せいただきました。

この度お友達に誘われたはじめて聞くトライク体験。「自転車?」と初めはあまり乗り気ではなかった息子と私。でもいろんな体験、経験はさせてあげたいし必要だと常日頃から考えてはいたので「お友達も一緒だから」と息子を説得していざ出発。
会場に着いてまず息子のテンションをあげたのは学生のお兄さんお姉さんが待ってくれていたこと。なぜか分かりませんが好きなのです。(笑)
そしてカッコイイ自転車を目の前にかなりテンションもあがりヤル気が出てきた様子で私もホッとできたかんじでした。
周りのお友達が乗りはじめて自分も乗りたくなったのか『乗ってみる?』と聞くと嬉しそうに頷いたので合いそうなのをトライ!
直センセやスタッフの方たちに調整してもらい補助してもらいながら乗った自転車、自分で漕いで乗れた自転車は想像以上に楽しかったようでした~!!!
息子にとって初めはあまり乗り気ではなかったこのトライク体・・・。やってみるとすごく楽しい、そして頭や身体に残った経験だったようで翌日から会う人会う人に『自転車に乗ってきたよ~!!』とジェスチャー付きで自慢気に話していたようです。
何のことか分からない人は「息子くんが自転車に乗ったって言ってましたが?」と私に聞いてくる人もいて、トライク体験でのことを説明すると納得して一緒に喜んだり誉めてくれたりして。^^
何より息子がお世話になっているPTの先生にも自分から写真や画像を見せて報告すると「すごーい!一人で乗れてるやん!!」と誉められていました。
それが本人も嬉しかったようでとても自慢気でした。^^
こんなに喜んでる息子を見ると私も本当にいい体験だったと実感しています。また行きたいって言ってます。


7月22日のトライク体験教室にご参加された、濱川咲恵ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はありがとうございました!今回も、楽し!そして大切な時間を過ごさせていただきました。皆様には感謝、感謝!です。
咲恵は体育館をでて、階段を降りたところで無表情でした。
漕ぎっぱなしだったので疲れたよね?ときくと無言でメソメソしはじめ…。泣くほど頑張ったようです。咲恵らしい…。^^
あの日は、本当にみんな頑張っていましたね。それぞれのペースでそれぞれの楽しみを見出せ、それぞれの成長をさせてくれるトライクって素晴らしいですね。
またお会いできる日を心待ちにしております。


7月22日のランストツアー教室にご参加された、S君のお母様よりお寄せいただきました。

先日はありがとうございました。都立桜ヶ丘公園もすてきな公園で、久しぶりの、活動的で楽しい一日でした。
参加前に聞いた「10キロ(位)走る」ことと「坂道ダッシュ」の言葉に「この教室に参加しようなんて、身の程知らずだったか…」と、少し不安な気持ちでいました。
当日。東京マラソンで1位の生徒さんと一緒に走ると聞き、正直、不安が的中しちゃったかな?!と思いました。(そして、冷や汗も少し…)ですが、始まってみると活動の間はずっとマンツーマン。
アップ以外の走り込みの時には、前を走るのでも、後ろから追いまくるのでもなく、つねに横に寄り添ってくれて、絶えず声を掛けてもらいながら走るというのは、本人にとっても不安や、迷いなく走ることができてすごくよかったようです。終がけの息子の表情は、いつになく大変な運動をしたのだな…といった表情がみえました。
弟が階段を手すりなしでも階段を登ったことや、兄弟揃ってが坂道ダッシュできたこと、それについて行けたこと、驚きでした。
最後まで、弱音をはかずにできたなんて。
帰り道、どんな反応が返ってくるのかな、今日はどうにか頑張ったけど、次はいやっていうかな?とか思いながら、「今度、皇居でランストツアーあるけど行く?」と聞くと、なんと二人とも「行く!!」と速攻のお返事でした。(^^
「いや、今度はもっと厳しいかもよ」「平地だからもっと長い距離はしるかも?!」と、ちょっとはっぱをかけて聞いてみたのですが「いや、それでも行く。」と。二人ともやっぱり走ること、好きだったんですね。
あれから毎晩少しずつですがお風呂上りのストレッチに励んでいます。二人とも、かたい…(-_-;)でも痛い痛いと言いながらも嫌がらず意欲的に取り組んでいます。
腕立て伏せもしたりしてロッククライミングに備えていますょ(^-^)b
次回のランストツアーも参加の予定でいます。よろしくお願いします♪


7月15日のクライミング教室にご参加された、陽太朗君のお母様よりお寄せいただきました。

日曜日はロッククライミング初体験、とてもエキサイティングでした!!
小さい頃からやたら木に登りたがる子だったので好きかも・・・と参加させてみましたが、おかげさまで予想以上にハマッたようです!
何せ軟弱で根性ナシなので上までは無理かと思いましたが、結構登れちゃってビックリです(^O^)
直さんと直也コーチが盛りたててくださったおかげです!!!
でも確かにガニマタで降りる姿、非常に格好悪かったですね~^ロ^; それはまた次回修正ということで(^-^)
その日の日記には「ちょっとこわかったけどがんばりました。下におりるのが一番楽しかったです」と書いてました。
本人またやりますとその気のようですし(クライミング部部長就任もその気?!)、見学の妹は途中から「私もやりたいっ!!!」とまあウルサかったし、またお世話になりますがどうぞよろしくお願いしますm(__)m
ホントに連れていって良かったです。ありがとうございました!!


7月15日のクライミング教室にご参加された、池田健人君のお母様よりお寄せいただきました。

健人の頑張る姿を見ながら、のんびりお茶したり写真を撮ったり、最高な時間でした。
直さんのリードで健人もやる気になってくれて、新しいチャレンジができました。
朝の車では、「いつ帰るの?」「もう帰りたいなー 」などと言ってました。
瀬田でマックを買い、大好きなチキン&ポテトを食べながら~なんとか到着したのでした。
帰りの車中では、直さんたちに「頑張ったね!」と言われたのが嬉しかったのでしょう、「健人頑張った!!」と私に何度も言っていました。^^


7月8日のハンドサイクルブートキャンプにご参加された、平沢俊彦様よりお寄せいただきました。

ハンドサイクルブートキャンプ 本当に楽しかったです。そして思いっきり運動出来たことが嬉しかった。風を切って走れたことが嬉しかった。とにかく楽しかったです。
ウォーキングの人を対向の自転車を見計らって追い抜いて行くのも楽しかったですね。
何より齊藤さんのバックアップがあると思ったので思いっ切り身体を動かせました。
仲間と一緒に走るのも本当にいいものですね。走り終わった後のすがすがしさ、そして いい風が吹いてきて「気分最高!」でした。
参加前はやっぱり不安でした。
運良く自宅の近場でハンドサイクルに試乗でき齊藤さんとお会いすることができ「これならいける、絶対楽しい!」と感じ参加を決めました。
参加後は大げさでなく、心がツルっと一皮むけたようにスッとしました。
ストレス溜まってたんでしょうねー。今日は全身筋肉痛で、特に肩がガチガチ、足もびりびりしびれてます。そこがまた嬉しい。なんでだろう普段は足のしびれはうっとうしく感じるのに。
気候にも恵まれました。スタートして走り始めは小雨がぱらつき「ん!」と思いましたが身体があたたまってくると小雨が程良く身体を冷やしてくれ「いいじゃん。きもちいい!」となりました。午後からはカンカンに照ることもなくかすかに曇っていて助かりました。
最初に上流に向かって走ってている時は漕ぎが微妙に重く感じましたが折り返すと漕ぎが楽になり速く走ることができ「楽しー!」が始まりました。そのまま午前の部のゴールまで「楽しー!」は続きました。
午前の部を走り終え。身体がだるっとなりおトイレに行くのが結構効きつかったですね。ランチを食べ終え 午後の部スタートの時は「もういいかも」とちょっと思っていました。見栄をはって素知らぬ顔をしているつもりで走りだしましたがたぶん疲れた顔してたんでしょうね。走りだしは肩が重く感じましたが、すぐになれ、また「楽しー!」が始まりました。
ひとつ嫌だったのは路面のスピード抑制のためのサイクリングロードの凸凹装置。これが結構ストレスでしたね。背骨に響いてました。
長々と書いてしまいました。ハンドサイクルと言う素敵なものに出会えました。直さんにアダプティブワールドに感謝、天気に感謝、多摩川サイクリングロードに感謝、一緒に走れた仲間に感謝です。ありがとうございました。


6月24日のトライク体験教室にご参加された、岡部武尊君のお父様よりお寄せいただきました。

早速、レポートブログの写真をチェックさせて頂きました!いい顔してましたね!
なつみさんには、中腰でずっとつきっきりの指導をして頂き、本当に申し訳ありません。
おかげで武尊は最高に楽しい時間を過ごせました。
「またやりたい」と指導する方の迷惑を考えずに言ってますので、またよろしくお願いします!^^


6月24日のトライク体験教室にご参加された、折茂佳哉君のお父様よりお寄せいただきました。

昨日お世話になった折茂です。どんな教室になるのか不安はありましたが、息子が思った以上に意欲的に取り組み、楽しく自転車に乗れたことは、親としてうれしく思います。ありがとうございました。
佳哉は脳性まひで、手足に不自由があるがために、外で元気よく体を動かせない日々が続いています。なので今回はとてもいい機会になり、また参加したいと思っています。
個人的には昔からスキーをやっているので、息子にも滑る楽しさを味わわせたいても思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。


6月16日のロッククライミング教室にご参加された、Mちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日は大変お世話になり、ありがとうございました。
娘は、5時間の長丁場で疲れていたと思うのですが、帰りの電車の中でも終始ニコニコで、クライミングがとても楽しかったようです。
初めての経験には、すぐに出来ない...と尻込みしてしまう子なのですが、天上までのあのカラフルな色に魅力を感じたのでしょうか、最後まであの場所にいられ、そして頑張って登ることが出来、親子共にとても充実した嬉しい一日でした。
帰ってから、家族に「どこに行ってきたの?」と聞かれ、「たくわんのお散歩!」と答えた娘...。クライミングの壁には、大好きな「たくわん」がたくさん付いていたのですね~。
また、時間が合いましたら、次回も参加したいと思います。本当にありがとうございました。


6月16日のロッククライミング教室にご参加された、S君のお母様よりお寄せいただきました。

家族旅行で東尋坊に行った時、足がすくんで固まってしまった息子を思いだし、「高所恐怖症かも」と思い、前日に齊藤さんに「怖くて動けなくなってしまうかも!」と、メールをしてしまいました。
でも私の心配は全然違っていたようで、息子は自信満々で帰ってきました。ヘルパーさんからも息子の勇姿をートフォンで動画まで見せてもらいました。びっくりです。
また一つ、息子の楽しい世界を広げてくださりありがといございます。また、よろしくおねがいします。


6月10日の水中体験教室にご参加された、相原樹君のお母様よりお寄せいただきました。(教室開催中に、このご感想をメールでお寄せ下さいました。)

こんにちは、相原樹の母です。今、2Fから樹の様子を見ています(^o^)
今日は家を出る前に水着を隠され、またいつもの様に「お茶を買う事」にこだわっていたので、どうなる事かと思っていましたが…。
まあ、びっくり! )^o^(
Qちゃん(教室コーチ)のお話しもよく聞けて、プ-ル思いっ切り楽しんでいるではありませんか~☆ 体もよく動かしてますね~!
Qちゃんの声掛け、タイミングがいいんです~♪2Fを見ても、私に気を取られて、集中出来ないって事がない~(^-^)
こんなにプ-ルが好きなら、発作も落ち着いているので、今年の夏は全部参加出来たらなあ~と思います(^o^)
前回のラン&ストレッチもそうですが、樹が運動を楽しみながら、頑張っている様子を見られて、参加してよかったです☆
プ-ル後半も頑張れ~♪


5月27日のトライク体験教室にご参加された、ななちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

歩行の準備の為、右左と足を出す事を覚えさせる為に自転車に乗らしてみたらどうかと整形の先生にアドバイスを頂き、からだも大きくなり三輪車では小さい為、一般の自転車でどうにか乗れないかとPTの先生や自転車屋さんとあれこれ考え、子供自転車に大人用のサドルとペダルを付けて乗せていました。
でも、自転車はペダルと連動していないためペダルに足をのせたままにすることが出来ず手作りベルトで固定をしてみたものの上手くいかず、私達が足を押さえなおかつ漕げる様に足の補助をしていたので大変でした。
足の固定をしてくれてなおかつ市販の自転車に取り付けられるサドルがある!!とキッズフェスタで知ったときはなんて、かゆい所に手が届く商品なんだ!!と主人と感激したんです!!!
体験会では周りが気になってしまったせいか、キッズフェスタで試乗させて頂いた時のが上手に漕いでいたように思います(-_-)が、乗ってるうちにだんだん上手になってきた様でした。もう少し乗りたかったなー!!
体験会に参加させて頂いて、もちろんトライクを楽しめましたが、斎藤さんはもちろん。色々な方と出会う事が出来たのも嬉しかったです。同じ日に参加されていた方とまた他の教室でお会い出来たらいいな!!
あの河川敷も素敵な場所で、また遊びに行こうと思っています。


5月27日のトライク体験教室にご参加された、柊喜君のお母様よりお寄せいただきました。

先日は、5月27日トライク体験教室に参加させていただきまして、ありがとうございました。柊喜は、カレンダーを見て、27日をとても楽しみにしていました。
そして当日、手漕ぎ、足漕ぎと、次々と自転車を乗り回し、暴走したり、コースを外れて坂を下ったり^^と、3時間たっぷりと体験する事ができました。
最後のレースでは、齊藤さんの話を聞いていた?!にも関わらず・・・わざと外れてみたり、皆に突っ込まれるのを待っているかのようにドーンと、あたってみたり、やりたい放題して、ゴール!
そして、チャンピオンで商品もゲットしてしまいました。(笑)
この3年間、キッズフェスタ内での試乗でしたので、外で思いっきり走れたのには、たまらなかったのでしょうね。^▽^今年は、柊喜に一番合う自転車をプレゼントしようと考えています。
訓練とは違い、自分で、自分の力で、足や手を動かす。バランスも大切。自分でコントロールして、動かしていくことで、新しいことが出来るきっかけ、又は「出来た!!」の自信を持たせてあげたいと思います。
柊喜も小学2年生になり、就学前は、入退院がとても多かったですが、体力もつき、小学生になってからは日に日に力がついてきているようですよ!!
長時間、暑っい中、元気でしたし、体調も崩すことなく過ごしています。あの1日でこんがり柊喜になりました。齊藤さん、ありがとうございます。


5月27日のトライク体験教室にご参加された、N君のお父様よりお寄せいただきました。

先日はトライク体験教室に参加させていただき、ありがとうございました。
普段J-Workoutでトレーニング前に時間があるときにリハトライクに乗っているのですが、外で思いっきり走れるともっと気持ちいいだろうと思い参加を決めました。当日は良すぎるほどの天気に恵まれて、日焼け跡がヒリヒリしています。
今回初めての参加でしたが、直さんには何度かお会いしているのと、ホームページやkunさんのブログでも拝見しているので不安はありませんでした。
ズラリと並んだトライクのどれに乗ってもいいという贅沢。照りつける日差しの下、我が子がとっても楽しそうにトライクに乗っている姿が目に焼きついています。
普段外で体を動かして遊ぶことなど皆無なので、息子にとっても新鮮な素晴らしい体験になりました。
何度も往復して、一体何km走ったんでしょうね。しかも想像以上の速さにびっくり。帰りの車の中でぐっすり、帰って夜もぐっすりと眠りました。
相当疲れたとは思いますが、心地良い疲労感だったと思います。あのトライクを漕いでいるときの笑顔が物語っています。参加された他の子達の笑顔もとても輝いていました。
ちょっと更新が滞っていますが、ブログでも後日レポートしたいと思います。いろいろお世話になりありがとうございました。


5月13日のハンドサイクル・トライク体験教室にご参加された、Aちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はお疲れ様でした。とても楽しく、充実した1日を過ごせました。
とってもこの日を楽しみにしていた・・・でも、行きの車の中で、「私は、誰かの役にたてる人になりたかった。 歩けてたら違ったよね‥?」と・・・。
普段の生活から、皆が出来る事が出来ない辛さを感じている事を再確認させられました。(涙)
でも、着いたらハンドサイクルや、お友達を見つけ笑顔になり安心!!臆病で怖がりの娘をリハトライクに乗せてもらい、乗れた感じを満喫し、ハンドサイクルより、リハトライクが大好きになりました。もぅ買う気マンマン!!
そして、帰ってから娘に変化が!
怖くて泣いて乗る事が出来なかった新品の自転車に「乗ってみる!!」との事!足を回しながら、漕ぐことは出来ないし、不安定で倒れそうだったりするけど、あれからは、普通の自転車を乗る事を楽しみに、学校から帰って来ています。
出来た!乗れた!という自信ってスゴイですね!
いろんな経験が出来、そして自信がつく体験に、親子共に感謝しています。ラフティング・スキーも体験したいと思ってます。今後共よろしくお願いします!


5月12日のハンドサイクル・トライク体験教室にご参加された、久保育美さんよりお寄せいただきました。

先日は、とっっても楽しい時間をありがとうございました!!
もうすぐ一週間が経とうとしているにも関わらず、あの日を思い出すと(笑)ワクワク感がとまりません。
普段、車いすで生活している私にとって、“自転車に乗れる”という頭はありませんでした。
がしかし、ハンドサイクルに乗ったあの感覚は…間違いなく“自転車”です!!
大人気ない大人ですが(笑)心の底からはしゃぎました。
そして、直さんをはじめ、参加されてるみなさんのキラキラ輝く笑顔は、素敵すぎでした!
来年も、絶対に九州ガールズは参戦します!本当にありがとうございました。


4月14日のトライク体験教室にご参加された、T君のお母様よりお寄せいただきました。

当日はとても楽しませていただき有難うございました。「めっちゃ楽しかったぁ」そうです!
息子は、昨年より体幹失調の障害をうけ今までのように、自由に走ったり公園で遊んだりできなくできました。ですので、トライクに乗り、晴天の中、自分の意思のままに自転車で走りまわれたのが、とても楽しかったようです。
次の日、学校の作文に、「タイヤが3つついていて、こぎやすくて楽しかった」と書いてました^^本当に有難うございました。
まだまだ体力がなく、帰りはぐったりしていましたが、心地よい疲れだったと思います。
今は車椅子を作っているところで、すぐにトライクを買う予定はないのですが、レンタルできたり、リハビリ施設で利用できたり等、気軽に使える機会がまたあれば嬉しいなと思います。


4月14日のトライク体験教室にご参加された、佐野凪華ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

最初は、娘の力で動かせるか心配でしたが、なんとかゆっくですが、自分の力で進めたことが嬉しかったようです。外を走っていた時は父親に後ろから少し押してもらいながらでしたが、100%自分の力でなくても、自分で動かせてるという喜びが大きかったようです。
あとは、見た目のことも心配でした。娘はお友達が乗っているカワイイキャラクターの自転車に憧れていましたので…おまけに自転車ではなく三輪車ですし…
けれども、これは大人の感覚で、娘は楽しくて楽しくて大満足のようでした。
娘にとっては三輪車ではなく自転車だったようです。私の反省しないといけないところです。
帰り道、「あの自転車がほしい。。。」とつぶやくほどのお気に入りとなったようです。次回の体験教室も親子で楽しみにしています。本当にありがとうございました。


4月14日のトライク体験教室にご参加された、廣川景亮さんよりお寄せいただきました。

土曜はめちゃ楽しかったです!新たな可能性が広がりました!
普段左膝の部分に装具をはめているので、左脚の筋肉があまり使われていなくて、左脚が弱くなっていました。お医者さんには膝の反り返りが危険やから、安全第一に考えて装具はずっとと言われていました。
でも当日は装具を外して行きました。自転車でペダルをこいでいて、膝の反り返りもなく、三輪やから安定してるし、こぐことで左脚を鍛えてるってのも感じて、いいイリハビリにもなるし、やっぱ乗ってたら風が気持ちいいし、すごく満足しています!最後のレースも無事?一着でなくて良かったです(笑)
帰って友達にこの話をしたら、行動範囲も広がるし良かったなぁ~!って言われました。
自分でもいろいろ取り組んでいますが、Adaptive Worldのイベントにも参加して、もっと可能性を広げたいと思っています。よろしくお願いしますm(__)m


4月8日のパラカップで見事完走を果たしたのはらちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

パラカップ、本当に本当に ありがとうございました(^.^)(-.-)(__)家族で興奮覚めやらぬ一日を過ごさせていただきました。私なんか今日になってもまだ、思い出しては涙、人に話しては涙、ビデオを見ては号泣ですよ! 制限時間は越えてしまったし ビリッケツだし…なのにこの達成感!ひとえにユリさんのお陰ですm(__)m 練習の成果・大会を楽しむこと・経験、どれも200パーセント達成出来ましたよね!
今回のチャレンジで、のはらに一番感じて欲しかったのは達成感と自信です。そういう意味ではこの初マラソン、完璧な出来!!と言っていいですよね。そして、のはらも私も、何十人・何百人という声援を一気に浴びて、スゴい強いプラスエネルギーが充電された気がします。ああいう場所っていいですね。頑張った人は全員主役っていう空気、感動でした。また更なる目標に向かって 頑張っていきましょう!本当に ありがとうございました。


3月18日のスキー教室にご参加された、圭佑君よりお寄せいただきました。

今日はありがとうございました。楽しかったです!!
虹のところ最初すごい難しかったけど最後にはまっすぐ行けて良かったです。それがいちばんうれしかったです!!\(^o^)/ またバイスキーやりたいです!!とにかくたのしかったです
今度はハンドサイクルやりにいきたいです。行けたら絶対いきたいです!
いや、絶対いきたいと思っていますが・・・。^^
ホントに今日は楽しかったですありがとうございました<(__)>


3月5日のスキー教室にご参加された、佑奈ちゃんのお父様よりお寄せいただきました。

昨日は悪天候の中、お世話になりました。
佑奈の緊張を緩める齊藤さんの絶妙な掛け声(リード)と体の硬さからくる痛みも昨年より若干良かったのか、笑顔も見せ滑ってくれていたので、親として大満足です。
また、約束を守って滑っていたなんて感激です。
帰りは、大好きな温泉にも入り、車中でも笑顔(ご機嫌)今日もお土産片手に、元気に登校出来ました。
来シーズンは目標通り、天気の良い(晴れ)中で滑べらせてあげたいです。ありがとうございました。


3月4日のスキー教室にご参加された、山口未来君のお父様よりお寄せいただきました。

未来は、帰り道から「またお願いします。」の連続でした。
昨年よりバイスキーに慣れたのか、はしゃぎぶりは昨年以上のように思われます。帰宅して2日がたちますが、いまだに顔を見るとスキーのことばかりです。
今シーズンは妹の受験の関係でシーズンインが2月末からとなりましたが、来シーズンは早めのシーズンインが可能ですので、より早い時期から無理をお願いすることとなると思いますで、その際にはよろしくお願いします。


3月3-4日のスキー教室にご参加された、幸長菜央さんのお母様よりお寄せいただきました。

今年は結構力をいれてスキーに取り組みました。行くたびに上手になるのがうれしいです。どこまで私たちがついていってあげられるか不安もありますが、親子で出かけることをこんなに楽しめるようになったことをとてもうれしく思います。
スキーをしてラフティングして、ランニングをして菜央の毎日はとても充実しています。ほんとにありがとうございました。またよろしくお願いします。


3月1-2日のスキー教室にご参加された、塩澤実さまよりお寄せいただきました。

チェアスキーの楽しさは期待通りでした。
まず受傷後ついに、スピードをコントロール下における乗り物に出会えたこと。そして山の中に帰るための糸口を見出せたこと。
帰りの高速道路でも自動車のサスが動く度にチェアスキーに乗っている感覚を思い出して、後ろが滑り出すような気がしたりライン取りが気になったり、自分で思っている以上にハイになっていました。
密かに目標としていた「リフトにひとりで乗る」「転んだ状態からひとりで起き上がる」は、そのまま次回の課題となってしまいましたが、実際にやってみて必要なステップだと納得しました。
何となくイメージしていた通りにスキー板のエッジが使えてしまったのですが、初めてスキーを履いたときも何となくシュテムターンが出来たために、斜度に関係なく降りて来られるものだから、そこから上達しなくなってしまったものでした。
ひとりだったならエッジを使って斜面を切ることでごまかして、回数を滑ることにハマってしまったと思います。
ですが今度こそパウダーを滑れるようになるために圧雪されたゲレンデにエッジを引っ掛けての滑りは卒業しなければと、思い知ったことが大きな収穫でした。ひとりだちはまだ早い、と。
とはいえ、ひとりでトレーニングできるようにならなければ上達も望めませんし「滑りたい欲」も果たせませんので、もう一度(で済むかどうかはともかく)きちんとレクチャーを受けて、ひとりでリフトに乗りひとりで起き上がって
基本の反復練習はひとりで出来るようになりたいものです。
具体的な課題を考えられるのも今回機会を用意して頂いたからでした。ありがとうございました。
アダプティブワールドの活動主旨も大変興味深いのでまたお話しを伺えればと思います。


2月19日のスキー教室にご参加された、Nちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日は、レッスンありがとうございました。
娘は、レッスン前に先生が怖いのではないかととても緊張してましたが、とてもやさしい先生ですぐに緊張がほぐれ、親と一緒に滑るよりも楽しかったようです。
ターンも少し?できるようになったようで親が教えてもなかなかできなかったことを教えていただきとてもありがたく思っております。
私たち夫婦も、娘がレッスン中は久しぶりに山頂まで行って上級者コースを滑ったり、とても楽しむことができました。(でも、オットは娘がいなくて寂しいとずっと言ってましたがw)
また是非、お願いしたいと思います。


2月12日赤羽ハーフマラソン大会に父子で初出場した翔君のお母様より、お寄せいただきました。

本当に、本当に、良い経験をさせていただいたと、感謝の気持ちで一杯です。きっと、個人では、参加しなかったでしょうし、エントリーしても、あの雰囲気に、呑まれて、スタートきれなかったと思います。10キロに、参加した父親は、沢山の人と走るあの雰囲気は 独特だった、初めての経験だったと言っていました。走った人にしかわからないんでしょうね。


2月5日にスキー教室にご参加された、琢麻君のお母様よりお寄せいただきました。

日曜日はお世話になりましてありがとうございました!
今シーズン初滑り、1年ぶりのスキーだったのにちゃんと滑れたそうで♪ 体が覚えているんですね~。
昼食後のやる気急降下は相変わらずですが(>_<) あんなダラダラ琢麻を動かしてくださる技量に毎回感謝しきりです。
年齢が上がるにつれ、頑固な面も増えてきてて、あの状態からまたゲレンデに連れ出すのは主人や私では、できないんですよね。
いつも根気強く琢麻に付き合ってくださるスタッフ皆さまに心から感謝申し上げます。
そして、あんなにグズってたくせに「またスキー行く?」と聞くと「行く!」と答えるので(^_^; スケジュールを確認してまたお願いしたいと思っています。


個別指導教室にご参加下さる、一朗君のお母様よりお寄せいただきました。

冬休みは楽しいクリスマスやお正月などの行事があります。でも、寒いですから自ら外へ出て、運動をしようとは思えません。うだうだしているうちにこどもはメタコロちゃんになってしまいます。
最近は安定してきて、偏食がなくなりいろいろな食事ができるようになり喜んでいたものの、運動量が少なくどうしたらいいだろう、と困っていたところ、「冬休みに運動することを生活習慣にしちゃおう!」を知り、これは!!と思い参加しました。
プログラム当日は毎回厳寒なので、気合いを入れて出発するのですが、プログラム終了後の本人のすがすがしい表情を見ると「あぁ、参加させてよかった、ありがたいな。」といつも思います。
コーチの後藤優理さんのとびきり明るい笑顔もとても素敵です。^^
こんな楽しい経験を積んで育っていける環境があり幸せに思います。
いつもありがとうございます。


個別指導教室にご参加下さる、慧君のお母様よりお寄せいただきました。

慧にとって、優理先生のご指導は、新鮮で、進歩する自分が楽しくて仕方がないようです。
7歳まで、海の波が怖くて足首までも入れなかったのが、嘘のようです!優理先生のプールが始まってから、慧が落ち着いてきたような気がします。 児童精神科の安定剤を減らしても、良い気がします。
体型はトトロの慧ですが、気は小さいんですよねー。今のやる気が、このまま続くとうれしいです。^^
泳げるようになったら、走るフォームやドリブルのご指導もいただけたら嬉しいなと、夢みております。
どうぞよろしくお願いいたします。


1月28日にスキー教室にご参加された、ななちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

約1年ぶりのスキーで不安もありましたが、齊藤先生、えみ先生、のおかげで、とても楽しく充実した一日となりました。(^o^)
娘をみて、去年より慎重になった気がします。都合よく解釈すると、怖さに気付けるようになったのかな・・・と。
都合悪く(本当のところ?!)解釈すると、太って身体の動きがより鈍くなったのかな・・・と。(ーー;)
感心してしまうのは、斜面がどんなでも、同じスタイル!同じスピード!なこと(笑)。これって、ある意味凄いことだと思うのです。
緩斜面ではもう少しスピードだそうよ!って思ってしまいますf^_^;)。えみ先生がついててくださるんだから勇気出せ~って応援しておりましたが~、自信ないのかな^^;。まぁ、年甲斐もなく張り切ってコケて膝怪我して迷惑かけてしまったわたくしよりはるかに良いので、これから少しづつ頑張ってくれたらと、のんびり応援していきたいと思います。(^O^)/
スキーの充実はもちろん(^ ^)、ランチもお茶タイムも楽しかったし、参加させていただいて本当に良かったです。ありがとうございました。
ご紹介いただいたホテルもとっても素敵なところでした。冬の露天風呂最高!って、娘と二人ご満悦でした~。
すんごい寒くて手摺りが凍っていて、触れるとくっついてしまうほどで、雪がキラキラで、日頃、風情とは無縁の母子でも感動しました(^ ^)


1月22日にスキー教室にご参加されたK君のお母様よりお寄せいただきました。

車山の感想ですが、一言「大満足」です!(笑)
息子が、ちゃんという事を聞いて、靴を履いたり、板に乗ったりなんて本当に出来るのかしら?と不安でドキドキしていました。
そばに付いていると、どうしても甘えてきてすぐに「ヤダ、やりたくない」なんて言うので、伊佐地さんにお任せして姿を消してしまいましたが何度か二人の前へ行くたびに、どんどん上達して頑張っている姿が目に入り、本当に涙が出るくらい嬉しかったです。
今まで、スキー場に行っても「やらない、ヤダ」の一言で、私もやらせる勇気が出せず、いつもキッズスペースで時間を持て余して過ごしていましたが、これからは、息子が楽しめるように出来るだけプログラムに参加させてあげたいと考えています。
多分、今シーズンは次回で最後になってしまうと思いますが、息子が「またやりたい!」という気持ちのままで、次回も終了出来ればと思います。
臆病で、運動が大の苦手ですが、「自分でも出来るんだ!」という自信が本人に少しついたと感じています。
翌日(月曜日)、学校へ行って朝、担任の先生にプログラムを受けている時の写真を見せたらすっごいドヤ顔で「やったね、スキー、やった。」と自慢していました。この姿を見ると、「参加して良かった」と感じます。
そして何より、コーチの指導に、感謝しております。なかなか自分からは挑戦するのが苦手な性格の子を、よくリフトに乗せ上から滑って下りて来れたと、感心しきりでいっぱいです。
安心してこれからもお願い出来る強力な味方を見つけたような気分で心強いです。


1月15日にスキー教室にご参加された颯樹君のお父様よりお寄せいただきました。

日曜日はありがとうございました!レポートもありがとうございました!
颯樹はすごく喜んでいたし、そんな颯樹を見て親の方も嬉しかったです。(^0^)/
颯樹は、帰りの車の中もず~っと喋ってましたよ。お風呂でも「水泳用のゴーグルならある」と言って齊藤さんに笑われた話とか・・・。
ただ月曜の朝は、「颯樹、朝だよー! 起きてー!」と何度呼べど、叩けどビクともせず、やっと起きてご飯を食べたものの「今日ダメ~」と結局学校をお休みしちゃいました。でもまあいいかって感じです。
3年前、初めてそり遊びをした時もすごくニコニコしてて、その顔を見ながら「あ~、こうして楽しいことをさせていけば、この子は大丈夫なんだな」と理由もなく感じたことを思い出しました。
日曜日のお昼も、ただ座ってるだけなのに颯樹の目が☆キラキラ☆してて 
「今すごく、この子の生命力がupしてるな~」
「こういう楽しい経験が、この子の生きる力につながっていくんだな~」
なんて考えてました。
コースを外れていろんなとこにつっこんでいったのも、きっと楽しかったと思います。どうしても周りの大人って、障害のある子に対して、危なくないようにって接してしまいますよね。
以前同級生の子が車いすを押してくれたとき、ふざけて蛇行したり、築山のふもとを斜めになって走ったりすると、とっても喜んでました。
でも押してくれた子が「危ないから」って叱られちゃったんです。(もちろん、善意ではあるんですけど・・・)
今回はなんといっても齊藤さんでしたので、安心してスリルを体験させることができました。心から感謝です。
颯樹にはこれからも、楽しくて夢中になれる瞬間をいっぱい経験していって欲しいと思います。颯樹にも毎年「スキーしたい! いつ齊藤さん来るの?」って言われることは間違いなしですね!
どうぞこれからも宜しくお願いしますm( _ _ )m盛岡でのスキー教室も、是非実現させてください!本当にありがとうございました!!!


12月18日にスキー教室にご参加された、ヨッシー&ヨッシーお母様よりお寄せいただきました。

学校の先生に様子を報告したら、以下。
「スキーの様子すごいですね。スピードが楽しくて、声もでるし、礼もしたんだよね。本当にすごい!コーチの先生に認知がすごくあがっていると驚かれていたようですが、人前で発揮できるようになったことが、すごいですね。どんどん出せばいいのにね。出し惜しみすぎ。」
とのことでした。
親としては、今シーズンもう1回楽しませたいので、また行きますねー。^^
11月23日のトライク体験教室@東京に初参加してくれたW君のお母さまよりお寄せいただきました!
理解力の問題もあり、これまで特に自転車に乗りたいという希望を本人が持っていなかったので、参加前は息子が楽しんでくれるか、乗らないと言い出すのではないか、と心配していました。
体を固定されると不安を感じる子どもなので(小さい頃から苦しい検査の際に体を固定された経験を重ねているので・・・)、最初はトライクの座位保持に不安そうな顔をしていました。でも漕ぎ方の
感覚をつかんでからは「上手?」と聞きながらどんどん漕いでいるワクワクした表情が印象的でした。
普段、体を動かすことが少ないので体力をかなり使ったようですが、おやつを食べて元気が回復したあとは「また乗ってみる!」と自ら意欲満々に乗りたがったので嬉しかったです。
自転車がリハビリになるという認識がまったくなかったので、乗るに連れて背筋が伸び、顔を上げて乗っていたのには驚きました。
母が会社員で一緒にいる時間が少ないので、外遊びを楽しんだこの体験教室は素敵な親子時間にもなりました(^_^)


8月13日の水中運動教室にご参加された青木実穂ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

昨日は大変お世話になり、ありがとうございました。 上から見ていても、楽しみながら積極的に参加している様子がよくわかり、ほっとしました。 初めての参加で疲れたらしく、帰りの車の中ではさすがにウトウトしていました。体力的に疲れたというより、精神的に疲れたようです。初めての場所で初めての人達との関わりに、本人なりにあれこれ気を使い頑張ったようです。とてもいい経験だったと思います。 帰宅した頃にはバッチリ復活し、準備をしてすぐにパパの実家へ出発しました。 また、いろいろな活動に参加させてみたいと思います。今度ともよろしくお願い致します。


7月3日のハンドサイクル&トライク・キッズブートキャンプ@東京多摩川にご参加されたN君のお母様よりお寄せいただきました。

日曜日はありがとうございました。 日焼け止め忘れたので、ゆでだこ顔で昨日登校したら、みなにどうしたの?と、あげくに熱中症か?と先生に心配されたそうです(笑) 
まぁ、「無理」だなんて弱音を吐いていたんですね。ほんと、自分の思う限界なんて、まだまだ最後の意地で限界なんかじゃないんだぞ、と。今回は疲れたーといいながら、まだまだ余力を残していたみたいです。疲れたけれど、風を感じたサイクリングはとても気持ちよかったみたいです。次回は11月か・・、また走りたーいと、申しておりました。


6月26日のランストツアー教室にご参加された陽太朗君のお母様よりお寄せいただきました!

日曜日は急な参加に対応して頂き、ありがとうございました。2日前までに比べたら断然涼しく、週間予報の雨マークも蹴散らして、本当に絶好のランニングコンディションでしたね!前回桜丘公園でご一緒したナオちゃんの笑顔にまた会えたのも嬉しかったです。ぜひ、彼女を目標に頑張ってほしいものです!陽太朗は帰宅時も楽しそうに電車に揺られ、渋谷でラーメン大盛平らげ、疲れた様子も見せずに翌日から元気に通学してます。ゆっくりペースなら実はかなりの距離を走れるのかもしれないですね~普段のパーソナルと違い、みんなで走る楽しさも格別だったことと思います。母と妹は約45分待ちのパンダと、博物館の体験コーナーで、こちらも上野を満喫いたしました(^-^) いつもと違う場所を案内してもらいつつみんなで走るランストツアー、ちょっと特別で貴重な機会ですね!今後も企画よろしくお願いしますm(__)m」


6月26日のハンドサイクル&トライク体験教室プログラムにご参加されたA君のお母様よりお寄せいただきました。

今回、初めてこういったプログラムに参加させていただきました。
息子も身体的なことからいろいろ我慢しているんでしょう。昨日は見たこともない程、黙々とペダルを踏んでいました。とても楽しかったようです。
また、サイクル以外のスキーなどのプログラムにも参加できたらな、と思います。

5月28日のラフティングプログラムにご参加された幸長菜央ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はありがとうございました。感想が遅くなり申し訳ありません
例年より早く入梅し、さらに台風まで重なりどうなることかと思っていましたが、寒くもなく雨にたたられることもなく。誰の行いがよかったのでしょう。菜央は楽しい一日を過ごすことができました。私も妹ときれいな景色をったのしみながら、のんびりとした時間をすごしました。菜央はラフティングがいい意味で心と体のリフレッシュになったらしく、翌日から体が軽く、ランニングも絶好調です。疲れたのでは・・・と思っていましたが、不思議なものですね。また是非参加したいと思っています。よろしくお願いします。


5月28日のラフティングプログラムにご参加された幸長菜央ちゃんよりお寄せいただきました。

ラフティングでボートに乗りました。佐々木レオ君と菜央ちゃんと斉藤なおさんと後藤ゆりさんと一緒に乗りました。温泉に入りました。ばちゃんと水かけをして遊びました。カレーとサラダを食べました。麦茶を飲みました。楽しかったです。よくがんばってボートをこぎました。


5月8日の運動教室プログラムにご参加されたKちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

いつもありがとうございます。
学校やPTやOT、STなどの訓練でも最近はなかなか内容が充実したことがないので、久々ではありましたが運動教室に参加させてもらえて本当によかったです。
娘も小学4年生になり、やはり障害もさまざまなこども達との生活がメインなので、娘には難しすぎることや、逆にものたりないことも日々感じているなかで、今回の運動教室のプログラムは、今の娘にも参加された皆さんにとっても、バランスの取れた内容だったのではないか・・・と思いました。
かといって、家で同じことができるか・・・といえば、絶対にできないことなので、久々に参加して体験できてこのアダプティブワールドの存在が出会えたことに改めて嬉しく思いました。
健常の子供たちに比べると、準備や時間、スペース、人など、必要とされるものが多く、リスクも大きい中で、このような教室をマメに開催してくれることも本当に感謝しています。
今回、久々にバランスボールに乗ってみましたが、どこが苦手なのか、また何ができるのかが知ることができ、学校の先生と話したら、今後の見通しが立てやすいと好評でした。
体調面や経済面が可能な限り今後もなるべく参加していきたいと思っているので、これからも末永く宜しくお願いいたします。


5月1日のハンドサイクルプログラムにご参加されたKくんのお父様よりお寄せいただきました!

一生懸命にこいでいる姿を見て大変感動しました。 写真を知人に見せましたところ、 「信じられない、夢みたい。色んな可能性がまだまだあるんだなぁ。」 と言われ、本当にうれしかったです。


5月1日のハンドサイクルプログラムにご参加されたNちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

ちょっとでも難しいと、すぐに泣いて怒って投げだす娘。ハンドサイクルも、その可能性大と覚悟はしていました。そもそも娘にとって自転車は、「乗せてもらうもの」「誰かが乗っているもの」であって、「自分で漕ぐもの」ではなかったのです。そう、あのときまでは…!まずは、初めて用ハンドサイクルに挑戦…。しかし、悪い予感は的中…。泣きの拒否です。「とほほ、また1日泣いて終わるのかぁ…。」まだ始まったばかりだと言うのに、泣き顔を見るとこちらの気持ちもなえてきます。「いやいや、まだ午前中。もう少し頑張らせてみよう。これじゃぁもとが取れない。」気を取り直し、今度は足漕ぎのリハトライクに挑戦。…そして、来ました、その時が!「あれ?すすんだ?いや、風で押されただけか…。ん?漕いだ?漕いでる?!やっぱ漕いでる!進んでる!!」初めは気のせいかと思うくらいゆっくりでした。でも、最後にやったレースでは完全に開花!!髪をなびかせ、ハンドルさばきも華麗にゴール!我が子が天才に見えました!そして、「あ、笑ってる!」親として何より嬉しいのはやっぱり笑顔。自信に満ちた笑顔でした。そして、この感動には続編が。翌日、学校の先生から驚きの報告。なんと自分から訓練用の自転車(市販の補助輪付き)に乗りたいと言い、数回自分で漕げた!との事。自信ってすごいですねぇ!表情を変え、行動を変え、やる気の源になる!いまだ興奮冷めやらず、心は次回へ進んでいってます!


4月29日のトライクプログラムにご参加されたSくんのお母様よりお寄せいただきました!

おかげさまで、息子は大変満足したようすでした。 自転車はとにかく他にない表情をしますね。 会場の公園も軽く上流へ行っただけなのに、あたりの表情は ずいぶんとこのあたりとは違って空気も川もきれいなのに 家族全員気に入って、また行きたいと口々に言っています。 次回6月も参加狙っています。目下日程調整中。 またの参加の際にはよろしくお願いします。


4月29日のトライクプログラムにご参加されたKちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

先日は、こちらこそありがとうございました。久々に、トライクに乗れて、本人が楽しめたことも、何んとなく…かもしれないですが、自分で漕げている…という実感が味わえたことも…すごく嬉しかったです。やはり、人よりも経験を重ねないと理解しにくい所があったり、スムーズに実践できなかったりしますが、今後も練習をしていくことで、自分でできる達成感をもっともっと味わってほしいです。齊藤さんや鈴木さんに初めて出会ったのもキッズフェスタでしたよね。早いものですよね…。アダプティブワールドの皆さんのすごい所は、障害児だからといって病人扱いしない所だと思います。久々に、トライクのプログラムに参加して、実感しました。正直に言うと、時々もう少しハードルを下げてほしいと思うこともあったのですが、最近は冷静に考えると、障害に甘えているのかもしれないと思うようになりました。ご存じの通り、意外に体力がなく、弱い子なので、思うように参加できないかもしれないですが、今後ともよろしくお願い致します。いつも親身になってアドバイスして下さり、プログラムもすごく考えて下さっているのが本当にありがたいと思っています。これからも、色々な角度からのサポートを期待しています。


3月27日のスキーツアープログラムにご参加された山口未来くんのお父さまよりお寄せいただきました。

昨日のスキープログラムありがとうございました。 ご存知のように未来は話すことができませんので、身振りで自分の意思を伝えてくれますが、未来にとって膝に手をのせるというのが、まさにバイスキーをイ メージして「スキー」を意味します。 そして両手を合わせるのが「お願いします。」です。 昨日も、帰り道から、自分の顔をみると、膝に手をのせた後に両手を合わせるという動作を繰り返していました。 「またスキーに連れて行って。」というアピールばかりしていました。 前回の2月もそうだったのですが、1~2本滑ると、グズグズ言うのですが、いざ終わりで帰るとなると、「スキーお願いします。」のアピールしきりになりま す。超スロースターターなのか、体調的に2本くらい連続で満足するのかわかりまさんが、いずれにせよ、本人はスキープログラムに大満足のようです。 テレビの番組以外は自分の好みを多く主張しないのですが、スキープログラムを知るきっかけとなった「リハトライクが欲しい」という主張に続いて、最近は 「スキーに行きたい」という、運動に対する欲求をされ、親としても大変嬉しく思っております。 リハトライクにしろ、スキーにしろ、障害児としては、難しい経験を多くすることができ、感謝しております。 また、來シーズンも是非お願いいたします。


3月26日のスキーツアープログラムにご参加された三谷優樹くんよりお寄せいただきました!

先日は、スキープログラムに参加させてもらいありがとうございました。 当日、車山に着くと、3月の終わりにも関わらず雪が降っていて、寒そうだと心配でした。 1年ぶりに滑る事も不安の原因でした。 実際に滑っていくと、前回の感覚を思い出し、すぐに楽しめるようになって良かったと思います。 心配だった寒さもそれほどではなく、3本滑って1回休憩するぐらいだったので、良く楽しめました。 いろいろなコースを滑って、どれも楽しかったのですが、特に楽しいと思ったのは、 山頂に行き損って、たまたま滑ったクロスのコースでした。 始めは多くの地形に慣れず、大変でしたが、慣れてくるとスリルとスピード感が普通のコースより味わえるので、 楽しくなっていきました。 また滑ることができたら良いと思っています。 地震の影響があり、参加できないかと思いかけていましたが、 無事に滑ることができて、とても嬉しかったです。 来シーズンも、機会があれば、ぜひお願いします。


3月26日のスキーツアープログラムにご参加され、スノーボードに初めて挑戦したAさんよりお寄せいただきました!

アダプティブワールドにお世話になってます。 2月に2日間のスキープログラムに参加させて頂き、 今回は初めてのスノーボード体験をさせて頂きました! アダプティブワールドのプログラムに参加をすると、 いつも、笑顔と元気と、次の日へのパワーをいただいてます。 いつも楽しくかまっていただいて、どうもありがとうございます!


3月6日のスキーツアープログラムにご参加された山川健斗君のお母様よりお寄せいただきました。

先日は、大変お世話になりました。 けんけんは、当日は機嫌もよく、参加できよかったです。
手を叩いたり、慣れてくると、目も開けられるようになり、昨年よりもちょっとだけ 成長できたでしょうか?
今年は、家族全員で(パパも滑れたので)ゲレンデで遊べてとても、楽しかったです。
来年もぜひ!!参加したいと思っています。 また山川ファミリ-と遊んでくださいね!!
真奈美は、その後は元気にしています。ご心配おかけしました。


3月6日のスキーツアープログラムにご参加された山川健斗君のお姉さんよりお寄せいただきました。

けんとの姉のまなみです この前はすごく楽しかったです♪
だけど風が強くて山頂に行けなかったのは、くやしい!!
だから、来年は絶対に山頂に行きたいです。
まりもっこり、まなのカメラにつけていて、気に入っています
来年もよろしくお願いします!!


2月27日のスキーツアープログラムにご参加された秋草直哉君のお母様よりお寄せいただきました。 

日曜日はありがとうございました。朝は(前日からかも)、初めてのスキーで、不安と緊張と花粉のトリプルアタックで、なんとも情けない姿での登場でしたが、ゴーグルをとった時の充足した顔に、とても充実した一日で、スキーを満喫したのだな、と 直さんをはじめ皆さんに感謝でした。帰りの車は、楽しかったー)^o^(と言ったと思ったら、5分とたたないうちに口をあけて爆睡でした。直さんと出会って、いっぱいスポーツの楽しさを出会わせていただいていますね。ありがとうございます。4月からは中学生。スポーツ、楽しーい◎^∇^◎から、さてはて どう向き合っていってくれるのでしょう。親として、ちょっと楽しみです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


2月11日のスキーツアープログラムにご参加された佐藤柊介君のお母様よりお寄せいただきました。

初めて、車山でのプログラムに参加しました。雪が降りしきり、気温は-6℃。親もスキー経験が乏しく不安でしたが、寒くないように、雪が防げるように、身仕度を整えて頂き、とても助かりました。
ガイドさんの指導には、彼なりに一生懸命ついていこうとしていました。午後には、山頂まで上り、なんとか自力で降りてくることができたので、自信もつき、スキーがもっと好きになったと思います。パラレルの入口も見えてきたようで、今後、楽しみです。
降雪のため、往復の道中は大変でしたが、ここまで来たからこそ得られる充実感、楽しさがありました。パウダースノーの感触も味わえましたし、次も車山がいいなと思います。
次回は、ガイドさんに甘えすぎず、転んでも自分で起き上がることを目指します。また、頂上からの眺めを、ぜひ堪能したいと思います。


2月5日-6日のスキーツアープログラムにご参加された岡部武尊君のお父様よりお寄せいただきました。

2/5・6に清里でのスキープログラムに参加させて頂いた岡部武尊の父です。返信が遅くなり、また、FAXが送信できなかった、という事で、わざわざご郵送頂きご迷惑をおかけいたしました。
参加前は、座位と首が不安定な事から、しっかりとバイスキーに乗れるか?という不安がありましたが、実際に乗せて頂いているところを見て、すぐに解消されました。
本当に心から楽しめた様子で、本人が「ぜひまた行きたい」と言っているので、またお世話になりたいと思っています。今冬は、私の勤務の都合がつかない為、来シーズンと、他のプログラムへの参加も検討していきます。


1月8日-11日のスキーツアープログラム初参加のYASUさんのお母様よりお寄せいただきました。

白馬2泊3日のスキー合宿(?)お世話になりました。
ほぼ1年ぶりのスキーでした。アダプティブのスキーとはどんなだったかをすっかり忘れ、ハイテンションでのSTARTだったと思います。
2泊3日はすごい!!ですね。やはり集中しての練習は成果があがります。もともと人の言うことが素直に出来るタイプではありませんが、そこに技術のなさがあいまってなかなかターンのきっかけが合わせられないようでした。それでも三日目にはかつてのYASUとはまったく別人のような滑りで、母には感動ものでした。
本人いわく、また行きたい!!次はいつ?そして、お気に入りのCOOLは出来るようになったことが相当嬉しかったようでよく話にでてきます。
気心の知れたメンバーでいくのは子供たちだけでなく、母たちにも楽しい三日間でした。ありがとうございました。
そしてまた行きましょうね\(^o^)/


1月8日-11日のスキーツアープログラムにご参加された幸長菜央ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

3日間お世話になりました。いろいろなことがあり、仕事に逃げつつあった私ですが、楽しい3日間になりました。菜央はとても楽しかったようで、帰り道でも笑顔で「すいすい滑った。」と言っていました。
いつまでついていってあげられるんだろうか、いつまで陸上を続けられるんだろうかと考えてはためいき・・・なんてまいにちですが、真っ白な雪山を楽しんでいる菜央たちを見て、まだまだがんばれそうな気がしました。
しかし進歩するものですねー。びっくりしました。どんどんリミッターが外れていくのに驚くとともに、この子たちの秘めた能力に感激していたりします。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。


1月8日-11日のスキーツアープログラムにご参加された幸長菜央ちゃんよりお寄せいただきました。

白馬にスキーに行きました。こうちゃんたちと行きました。斉藤さんとゆうこさんと幸長菜央ちゃんと一緒に滑りました。ゴンドラに乗りましした。リフトに乗りました。上級者コースを滑りました。穴ぼこを滑りました。楽しかったです。またスキーに行きたいです。


11月27日のデイスポーツキャンププログラムにご参加された内山翔太のお母様よりお寄せいただきました。

武蔵野公園のキャンプでは大変お世話になりありがとうございました。以前連れて行っていただいた野川公園がとても楽しかったようで、今回のキャンプもカレンダーに印を付け、何日も前から楽しみにしていました。当日もヘルパーさんが迎えに来てくださるのをそわそわして、リュックを背負って早くから待っていました。帰宅した時も大満足で「豚汁おいしかった!」と、嬉しそうでした。


10月31日のランストツアープログラムにご参加されたNちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先生からメールいただき、「初めて」に弱い娘ですが、それを克服してゆくためにはいろいろな経験が必要だと思っておりましたので、たとえ完走できなくても、頑張れるところまで頑張ってくれたらと、それに鈴木先生が伴走してくださるとのありがたいお話でしたので、お言葉に甘えて参加させていただきました。
娘に頑張って欲しいと思う気持ちと、6月からパーソナルプログラムでご指導いただくようになり着々と良い方向に進化しているとはいえ、最長で1キロくらいしか走ったことはなく、それもノロノロでバテバテだった娘がさすがに皇居外周5キロはきついだろうから万が一動かなくなってしまったらと・・・、先生にもご迷惑をおかけしてしまいますし・・・そんな心配がありました。
娘は自閉症ゆえ、見通しを持つことが苦手なせいか、当日朝、「今日は何周ですか?」と私に尋ねてきました。「2周だよ」と明るく返事をしたわけですが、正直、1周だって大変でしょうに、先生より目標2周とお聞きしておりましたのでそう返事をしたのですが・・・なんか娘に申し訳ないような後ろめたいような複雑な気持ちでした。娘は1周って学校の校庭の200メートルトラックか、パーソナルプログラムで走る交流センターの外周を想像して「2周だら」と思っているのがわかりますので。早々に朝食をとっていざ出陣!電車大好き娘ゆえ、初めて乗る有楽町線で停車駅の一覧表をみたり、おまけに座れたしで気分は上々で集合場所最寄の桜田門駅に到着。鈴木先生はじめ皆様にご挨拶して、スタート!
「頑張って~」と笑顔で見送ったものの、内心は「動けません」って携帯電話がかかってくることを怖れてドキドキでした。待っている間、走ってくるだろう方向を気にしながら、ご一緒させていただいたYさんからいろいろなお話を伺うことができ大変ありがたいことでした。主人とはパトロールしている警視庁の車両をみて、娘が倒れたらあれに乗せて助けてもらえるかしらなんて話をしたり・・・。
Nちゃんが1周してこられて、2周目にいかれてしばらくして娘の姿をみつけたときはただただホッとしました。ゆっくりながらも走っていましたし!娘がここ最近はまっているプリウスを探しながらのランニング、娘をよく理解してくださっている先生のご指導あってこそです。飲み物をとって、先生のお元気な掛け声で2周目に挑戦!1周45分くらいかかって5キロを完走できたので、充分頑張ったと思っている私はおしまいかなと思ったのですが・・・先生は当初の目標どおりあっさり2周目に娘をリードしてスタートしていかれました。大丈夫かしら~と1周目の不安の倍の不安で見送りました。1周目と同じくらいの時間(45分位)でしょうか、2周めを走り続けて戻ってきた姿には感動しました。「プリウスを42台みつけました」と私に報告してくれた娘。凄いです。わたしにはとてもできないことをできるまでにいつのまにか成長してくれました。私が低いハードルであるせいもありますが、子供に越されることって嬉しいことなんですね。子供にはまだまだ越されたくないと思っていたのですが、いざ越されてみると嬉しくて!!!他のこともどんどん越していって欲しいと心から思います。自分にできないことをしている方には賞賛しますよね。だから、娘に対しても素晴らしいって素直に賞賛しました。
今回、動き続けることが苦手で、それをテーマにご指導いただいているような娘を10キロ完走なんて凄い結果を残せるように導いてくださった先生に心から感謝いたしております。先生が伴走してくださったので娘は安心して走ることができたのだと確信しております。本当にありがとうございました。
帰りですが、私だったら倒れているだろうと思うのですが、娘は不思議と元気で、有楽町線にまた乗りたくて、そそくさと桜田門駅へ行き、池袋で昼食。まあまあ食べる食べる!パスタの大盛りにピザ、サラダ(2~3人分)にドリンク2杯・・・しかも凄いスピード、驚きました。お店の方も周囲の方もチラチラみてしまう迫力の食欲でした。
夜、お風呂に入るとき、左足の薬指に小さいマメができていることを発見しました。そのマメが勲章にみえました。思わず「このマメは金メダルだね」と娘に言うと、怪訝そうな顔で「わたしはマメより本物の金メダルが好きです」って言っておりました(^^;
その後ですが、今学校の体育で鉄棒をしております。もちろん娘は苦手で、逆上がりができません。ただ、以前と違うのは私に「練習したらできますか?」と尋ねてくれたことです。
私は、娘に、出来ないまま(楽チン)より出来る(苦しい練習、努力)を自ら選択できる人になって欲しいと思っています。私自身の目標でもあり、決してたやすいことではありません。だから、娘の問いかけが凄く嬉しく尊いことにおもえます。娘は今回の達成感からか、もしかしたらわたしにもできるかな、と思えるようになってくれたのかもしれません。そんな娘を応援し、何とか逆上がりを出来るようにしたいと考えております。
自閉症関係の講演会で、大学の教授さんが障害を持った子の運動の効果についてお話をされていたのをお聞きしたことがあるのですが、今の娘をみて思い出しました。様々な問題を抱えている子供にとっては運動をとおして学んでもらうことが一番わかりやすいというような内容だったと思います。最近、集中力、忍耐力、積極性といったことに進化がみられると感じています。子供はひとつのことからいろんなことを学ぶパワーがあるんだなと感心してしまいます。羨ましいです。ただ、運動の効果を最大限に生かすためには、適切な指導の必要性も感じました。今、娘が運動をとおしていろいろなことを学べているのは、鈴木先生のようなプロフェッショナルの方のご指導あってこそです。


10月24日の運動教室にご参加下さいました荒木友梨香ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日の運動教室の後、ゆりか自身、頑張って体操していた~と言う実感があったのでしょう。「ママが見てて、私、何が一番頑張ってた?」と質問するので「ボールを使って体操してたのが、凄い頑張ってた!」と言うと、「あとは?あとは?」と質問責めに...((((((^_^;) 頑張っている様子はしっかり見てあげないといけないなーと思いました!


10月17日の運動教室にご参加下さいました栗林哲也君・岳人君のお母様よりお寄せいただきました!

今回の教室の後は2人とも充実してたようで、すっきり!?した表情でした。(そういう時ってありますよね!)準備体操や苦手な動きには手を添えて、補助していただき嬉しかったです。またマットを運ぶのも出来て欲しいなぁと思ってたので、少しずつ取り組んでいただいている様子も嬉しかったです。2人とも最初の頃と比べ、見通しがついてきたのか、あまり脱走することがなくなってきましたね。哲也はプログラムも前回やったことを覚えていて、ハードルなど少し学習してやってるように見えました。岳人は後半いつも体力がもたないようですが、今回はそれでもやる気はあって、楽しいので最後まで取り組んでいるようでした。
2人に合ったプログラムと援助をしていただいて、楽しみながら動きづくりが出来るのはほんとに嬉しい限りです!どんどん体を動かす楽しさを覚えて欲しいと思っています。次回も楽しみにしていますのでよろしくお願いしますm(_ _)m。


10月17日の運動教室にご参加下さいました竹内優香ちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

先日の運動教室もありがとうございました。優香はMちゃんが今学期から入ってくれてとてもうれしそうでした。帰りも一緒にセンチュリー21で(^^)風船をもらったり楽しく帰ってきました。もちろんお昼を食べた後はたーっぷり昼寝をして充実の日曜日でした。
運動しやすい季節になったおかげか今回の運動教室は休憩時間以外はずっと動き続けていい汗をかきました。ボールをついたり投げたりもだいぶ思ったところにあやつれるようになってきました。友達との関係も順番を待ったりぶつからないように周りを気にしたりと運動しながら学習しているようです。柔軟では笑えるくらい硬い体ですが片足に体重をかけてもバランス良く立っていられるようになったようにみえます。あー楽しかったと帰ってくることが親も何よりうれしいことで、優香もまた来月の運動教室を楽しみにしています。ありがとうございました!


10月16日のデイスポーツキャンプにご参加下さいましたひとみちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はお世話になりました。初めての参加でしたが、広い公園でのんびり楽しく過ごせたと思います。外での調理(バーベキュー)は小さい頃以来なので良い経験になったと思います。帰ってからも機嫌もよく落ち着いていました。11月は予定があり参加できませんが、また参加させてもらいたいと思ってます。またよろしくお願いします。


10月16日のデイスポーツキャンプにご参加下さいましたS君のお母様よりお寄せいただきました。

先日はSがお世話になりありがとうございました。ガイドヘルパーさんにお願いするようになって、まだ3ヵ月弱でして、イベントに参加させていただいたのが初めての経験でした。大変楽しかったようで、作業所に行って「鮭もお汁も超おいしかった!」と報告したようです。来月の武蔵野公園も、サニーさんのヘルパーさんの都合がつけば参加させたいと思っています。その際はサニーさんの方から連絡させていただくと思いますのでよろしくお願いします。


10月16日のデイスポーツキャンプにご参加下さいましたY君のお母様よりお寄せいただきました。

先日は参加させていただきありがとうございました。Yにとって、とてもよい体験、経験ができたこととおもいます。初めての事、人に対してとても抵抗感のある子が年齢とともに少しずつ和らいできたところサニーさんと巡り会い、アダプティブワールドという団体を教えていただき参加できた次第です。サニーさんからは当日の本人の様子を伺っています。親だと挑戦しないことも、スタッフの方たちが一緒に活動してくださることで一層楽しめたように思います。どちらかと言うとインドア的ですが体を動かすことアウトドアの楽しさもたくさん味わえたらと親の気持ちです。言葉での表現はありませんが、家に帰ってきてからも変わらないでいるということが彼にとって充実していた一日だったということだと思います。 やってみないことにはわからないですよね。何が本人にとってよいのか徐々にいろいろなことに挑戦?できたらいいと考えています。その時はまたお力添えください。又、参加させていただきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。


10月9-11日のアダプティブキャンププログラムにご参加下さいました奥村俊介さんのお母様よりお寄せいただきました。

この度はお世話なり、有難う御座いました。親子で楽しい体験が出来て、大満足な3日間でした。川や海のスポーツはもちろんですが、室内でも参加者全員が親し打ち解けられたし、ダンスは子供とボラさんが一緒に考えて作る事で、より深い繋がりを感じました。楽しい事の引き出しがまた一つ増えたので、今後もいろんな企画に参加したいですね。
皆さんのサポートは流石で、色々な所で気配りがしてあることが、体験してみてよく分かりました。これからも期待してますので、よろしくお願いします。


9月11日のハンドサイクルプログラムにご参加下さいましたゆいちゃんよりお寄せいただきました。

楽しい時間が出来て嬉しかったです。タイムトライアルで1分きれてとても嬉しかったです。また乗りたいです。ありがとうございました。


9月11日のハンドサイクルプログラムにご参加下さいましたゆいちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

一般道ではあんなに傾斜があり長い坂をどうやって登るんだろうかと心配でしたが時間はかかったもののちゃんと最後まで登り切ることができてとても意外であり、感心しました。なんでもやってみたい割に難しい事へはあまりチャレンジ精神がなくすぐあきらめる傾向があるので終わった後は「外はもういいわ」と言っていましたが、最後までやりきった達成感はあり貴重な体験ができたと思います。
日曜日のレースに参加されるお二人のサポートも大変ありがたかったです。最後のタイムトライアルも思いの外速く走ることができて、とても自信がついたと思います。日常的に利用できるような環境があればいいのですが、今のところ難しく年に一度のこのアダプティブワールドの企画に来年は迷うことなく参加したいと思います。
暑い中、こどもたちの為に本当にご尽力をいただき、齊藤さん、鈴木さんには心より感謝しています。これからも益々のご活躍を期待しています。お身体を大切に、お元気にお過ごし下さい。ありがとうございました。


9月4日の運動教室にご参加されたY君のお母様よりお寄せいただきました!

先日はありがとうございました。久々だったので、雰囲気に慣れるまで時間かかるかなと思いきや最初からノリノリで自分の番だけでなくお友達の番まで楽しんでいて良かったです。お友達との綱引きも良かったです。個々に体を動かすプラスお友達と関われるのがいいですね。楽しいと体もリラックスして、よく伸びていたと思います。また来月よろしくお願いします。


8月28日のラフティングプログラムにご参加されたE君よりお寄せいただきました!

ボートの上では暑かったけど、波がはねて、はねた水が顔にかかってビビったけど、冷たくて気持ちよかったです。山がきれいなところでした。


8月28日のラフティングプログラムにご参加された雄次郎君のお母様よりお寄せいただきました!

今回は一人での参加少しさみしいかなと思っていましたがスタッフのなつみさんを独り占めすごく楽しかったといってました。^−^ まだ暑い日が続きますが今らかスキーのシーズンを楽しみにしてます!


8月16日のラン&ストレッチプログラムにご参加された陽太朗君のお母様よりお寄せいただきました!

この日はとりわけ暑かったですが、本人は特に意に介さず。「今日はラン&ストレッチです!」と何度も口にして朝から意気込んで(?)ました。譲二コーチのご指導にしっかり従って走ったり運動している様子が頼もしく嬉しく感じられます。終わるとTシャツはビッショリで、充実感いっぱい。また次回も楽しみにしております!!


8月14日のデイスポーツキャンプにご参加された陽太朗君のお母様よりお寄せいただきました!

初めての参加、事前に本人にはバーベキューやスイカ割りするみたいだよ!と伝えたのみで送り出してしまいましたが、1日通してしっかり楽しんできたようで良かったです!野川公園は初めて行ったのですが、上空を小型機が間近で飛んで行くのが乗り物好きの彼にはたまらず、もしかしたら気になってちょっと集中を欠いたかもしれませんね…。本人は多くを語らない(!!)のですが、その日の日課帳にはスイカ割りのスバラシイ絵を描いていました(^-^)
後半、小1の妹(と母)までどさくさに紛れて参加させて頂きありがとうございました。とっても盛り上げ上手でノリの良い皆様に大いに楽しませて頂きましたっ!!水風船スリル満点でした~。^−^
中学生男子、普段から余暇の過ごさせ方には頭を悩ませております。こうしたお昼を挟んでの長時間のイベントは大変有難く、有意義で貴重な時間です。また是非参加させたいです!ありがとうございました。


8月7日のラン&ストレッチプログラムにご参加された陽太朗君のお母様よりお寄せいただきました。

昨日はラン&ストレッチの初参加、存分に楽しませて頂きました。暑さを心配していましたが、木陰での運動は気持ちよさそうでしたね。丁寧かつ活気のあるご指導ありがとうございました。本人次回の参加にもたいへん乗り気ですので、どうぞまたよろしくお願いいたします。


7月31日のラフティングプログラムにご参加された中村美津子さんよりお寄せいただきました!

昨日は、とても楽しい時間をありがとうございました!私は、初めてスリルがあるラフティングに参加をして、ワクワクしました!私は、スリルがある事が大好きですので参加をして本当に良かったでーす!でそれにポートから見る景色と空気が気持ち良かったですが皆さんの迷惑をかかったじゃないですか?8月28日の時は、参加に出来ませんがまた、参加をさせて下さい!宜しくお願いします!


7月31日のラフティングプログラムにご参加された宮島愛ちゃん・恵ちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

「とても楽しいプログラムでした。私たち親が年をとってきたこともあって、長女が車椅子を常用するようになってからは、家族皆でアウトドアで遊ぶ機会がなくなっていたので、久々に皆で遊んだ~という感じでした。
長女は、不安定な状態だと、体が緊張して、しがみついてくるのではないかと思ったのですが、思いのほか、リラックスしてボートのゆれを楽しんでいました。穏やかな表情で周囲の景色を見たり、ガイドの方にバトルでお水をかけてもらって冷たそうな表情をしたり、やはり戸外で受ける刺激は大切だなと思いました。これからもこういう機会をつくってあげたいと思います。
次女は、ちゃっかり参加者のお姉さんと仲良くなって、うるさい親から自立して遊んでいました。こういう姿を見たのは初めてだったので、新鮮でした。
障害があると、どうしてもいつまでも親と一緒になりがちですが、出会った方とフレンドリーに楽しむ姿に次女の成長を見ることができました。私(母)も皆さんに子どもをみていただいて、ラフティングを楽しみました。個人的にはもっとスリルのあるコースにも挑戦したい感じで、白い波がたっているとワクワクしました。楽しかったです。ありがとうございました。」


7月31日のラフティングプログラムにご参加された田村小瑚ちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

先日のラフティングではお世話になりました!!!想像以上に楽しかったです。どうしてもココが車椅子に乗る前まで出来ていたことの再挑戦みたいなことになりがちな我家のイベントですが、今回は家族みーんなが初めての体験。嬉しかったです!そして、ココだけでなく、お姉ちゃんも同じように楽しめる、これ、我が家にとってとても大事なことなのです。本当に楽しかった~♪
背もたれなしでは座っていられない娘なので、漕ぐことはさせてもらえないだろうと思っていたら、小さいサイズの漕ぐ棒(教えてもらったのに忘れました、ごめんなさい)を渡されとても嬉しそうでした。ありがとうございます。送られてきた写真をみたらちゃんと仕事してて笑えました。
始める前まではココもお姉ちゃんも、口では楽しみといいながらも緊張していたのに、終わってみるともっと漕ぎたかった~、もっと揺れたらよかったのにぃ、と言ってました。来年は水上かな♪


7月31日のラフティングプログラムにご参加された佐々木彩奈さんよりお寄せいただきました!

Before joining the program
特に不安はありませんでした。わーいわーい、っていう感じです。6月7月は、残業が70時間とかになってしまっていて大変だったので、ストレス発散しようー!と思っていました。(たぶん、「参加前は不安でした・・・」っていうのが見本のフィードバックなのかもしれないけど、のほほんとしてました。あ、逆に「障害者プログラム」っていうのに初めて参加したのですが、そういう前提のもとにある安心感だと思います。たとえば、これが通常のプログラムだとしたら、もっと不安だと思います。)

Feedback
楽しかったです!気持ちよかったです!勉強になりました!
スタッフの皆さんは、いろんなこと勉強されているんだろうなーって思いました。細かいところにまで気持ちと心を配って、参加者の人それぞれの立場にたって、考えて、手を差し伸べて、だけど特別扱いはしない(いや、必要ないんですけどね。)そんな風に思いました。(私自身はたぶん開催者側だったら、もっとイェイイェイしてるんですけど、なんか今回は人見知りしてしまって(なんでしょう、お年頃ですかね~?)、ちょっと気をつかわせてしまったかもしれません。ごめんなさい。)なので、改善点は、皆さんにあるというより、自分にあります。^−^


7月29日の運動教室にご参加された藤川優ちゃんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はどうもありがとうございました。PTとはまた違った体操で新鮮でした。
スタッフの人達も明るくて元気いっぱいなので、親子ですごく楽しめて良かったです。優はあれから家でもロディに乗ってます。次回もぜひ参加したいです。よろしくお願いします。


7月4日のハンドサイクルプログラムにご参加されたN君のお母様よりお寄せいただきました!

先日はハンドサイクルありがとうございました。主人と二人でぐったり帰ってきて、息子は2-3日腕の筋肉痛で、腕が変になっちゃたかも・・・・なんて、初の筋痛体験をしたようです。真っ赤に日焼けした顔に次の日、友達にどうしたの?と聞かれ、車椅子でも走れるサイクリングがあるのに、びっくりされたそうです。
でも、今回は長距離を走れてすごく楽しかったようで、とっても満足。唯一の不満は主人だけが、走る気ゼロのGパンで、車の中だった、と怒っておりました。さてはて 再びサイクリング魂に火がつくか・・・?


6月26日のラフティングプログラムにご参加された幸長菜央ちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

昨日はありがとうございました。毎回ですが、なおは写真を見ると親には見せない笑顔の嵐でちょっと悔しく思うくらいです。楽しかったんでしょう。有ご飯もいっぱいたべ、ニコニしていました。明日は陸縦横の大会ですが、きっと本人なりにがんばってくれることとt思います。
わたしがついていないと・・・と勝手に思っていましたが、、なお本人は、ちょっと体調が悪かったにもかかわらず、絶対いくんだと張り切って直さんにはご迷惑をおかけしたかもしれませんが、親のいない仲間との時間を楽しんでいたようです。障害のない子と同じように実は離れられないのは親のほうなんだなあと思いました。今後ともよろしくお願いします。


6月26日のラフティングプログラムにご参加された渡邊博輝君のお母様よりおよせいただきました!

水上のラフティングお世話様でした…。博輝は前日まで不安がいっぱいで、ずーっと確認してました。「深いですか?落ちませんか?スピードは速いですか?」などなど…です。当日も気持ちに余裕はなく顔も強張り‥でも午前中拒否したジャンプをお昼の休憩時には‘飛ぶ’と決めてたようです(^O^)
すごく怖かったジャンプが飛び込めた事で達成感プラス自信になった様です。帰りの車の中ではホッとして爆睡でした…\(^_^)/☆


6月13日の運動教室プログラムにご参加された倉沢雄大君のお母様よりお寄せいただきました。

国立の運動教室でお世話になりました倉沢雄大の母です。雄大はてんかん発作の影響で、機嫌・眠気等、状態がさまざまです。当日は調子が今ひとつで、眠気からくる不機嫌さに「今日はだめだなぁ」と思ったのですが、斉藤マジックにかかったのか、時々ぐずるものの90分楽しく過ごせたと思います。何より親が楽しめました。
運動内容は、PT訓練でよく使うボール運動でしたのでびっくりするものではありませんでしたが多摩療育園時代のお友達ばかりだったため、久しぶりに会うお友達もおり、ほのぼのとした時間でした。学校に入学してからは、子供と一緒に何かをするという時間が減り、ああやって親が一緒に子供の体を動かすというのは、とても懐かしく楽しいものでした。何よりも、スタッフの皆さんの接し方にとても好感を持てたからだと思います。反応も弱く、思い通りに体を動かせない子供たちに、高いテンションで向き合ってくれることは、障害児を持つ親にとってはそれだけで、非常にうれしいことなんです。ありがとうございました。
最後までバランスボールに乗っていた主人の希望で、帰り道バランスボールを買わされるはめになりましたが。また機会がありましたら是非参加してみたいです。


6月13日の運動教室プログラムにご参加された山川健斗君のお母様よりお寄せいただきました。

けんけんは、たしかに・・・ぼつぼつのボ-ル嫌がっていましたね~。また うちにあるバランスボ-ルでも、背中や体側で乗せてみたいと思います。あとは、うちでやるよりも、近くにお友達がいたり、場所がかわることで、けんけんなりに、なにかつかんでくれたらな-と思っています。またぜひ・・参加させていただきたいと思います。


6月6日のハンドサイクルプログラムにご参加された遠藤柊君のお母様よりお寄せいただきました!

昨日は大変お世話になり、ありがとうございました。
初めての自転車!!柊にとっては最高の一日だったようです。私たちもあんなに生き生きとしている柊を見ることができうれしく思います。 これも、齊藤さんをはじめスタッフの皆様のおかげです。ありがとうございました。


6月6日のハンドサイクルプログラムにご参加されたMahoちゃんよりお寄せいただきました!

このあいだはどうもありがとうございました。ハンドサイクルに乗るのは初めてで、上手くできるかなと少し心配していましたが、終わったあとは、とても楽しくて「また来よう!」という気持ちになりました。とても楽しい一日をありがとうございまいした。


6月6日のハンドサイクルプログラムにご参加された美桜ちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

先日は、ハンドサイクルのイベントに参加させていただき、ありがとうございました。美桜にとっても、私たち親にとっても、素敵な一日になりました。小さくても、早くからいろいろな事にチャレンジさせてあげたいと思っていた私と、まだ小さいから怪我したらと心配する主人でしたが、キッズフェスタで、ハンドサイクルに試乗させてもらい、美桜が「もう一度乗りたい!」と目を輝かせているのを見て、参加することに決めました。
『最後まで体力が持つのか』『興味が続くのか』心配でしたが、親が考えているよりも、ずっと子供は成長していることに気づかされました。美桜は、いつも周りについて行けず、途中で投げ出したり、諦めてしまったりすることが多かったのですが、今回は最後まで諦めず、自分の力でゴールできました。本人の自信にもなったのようで、ハンドサイクルの話をすると、美桜は満面の笑顔になります。
今回は親である私達にも、美桜の新たな面を知る機会となりました。眠くて眠くて、途中眠りそうになった美桜、なんと、目をつむりながら漕いでました(笑)ちゃんとゴールまで漕いで欲しかったなと諦めたとき、ゴールから「みおちゃーーーん、がんばって」と声援が聞こえてきたとたん、美桜は目をバチッ!!!と開けて、すごい笑顔で漕ぎ始めました!その勢いのままゴールして、笑顔を振りまいている姿を見ると、驚きと笑いが止まりませんでした。さっきまで寝ていたなんて、誰も知らない(笑)こんなに世渡り上手な子だとは思いませんでした。また、応援してもらうことが大切なことだと分かったようで、人前で声を出すのを嫌がる美桜も一生懸命に声を出して、他のお友達の応援することができました。今回のイベントを通して、少し成長できたと思います。また、参加したいと思います。ありがとうございました。


6月6日のハンドサイクルプログラムにご参加されたたーぼーのお母様よりお寄せいただきました!

親子三人とても楽しませて頂きありがとうございました。一年ぶりのハンドサイクルをとても楽しみにしていました。昨年よりもコントロールが上手になったような気がします。やはり回数乗って慣れることですよね。
カンカン照りは辛いですが、シェイプアップの為、貴彦の嬉しそうな顔を見るために又参加したいです。今度いつ行けるかとたー坊も楽しみにしています。


6月6日のハンドサイクルプログラムにご参加されたS君のお母様よりお寄せいただきました!

ヘルパーさんより満足げにハンドサイクルに乗っている息子の写真をいただきました。普通の自転車も乗れるようになると勝手にどこかへいってしまいそうで恐ろしく、練習させていませんでした。今回、自由に自転車に乗ることができてうれしかったのだと思います。暴走気味だったようで他の参加者の方々に迷惑をおかけしなかったでしょうか。ちょっと心配です。
「7月も行く?」と聞いたところ即答で「行く!」でした。またあらためて申し込みさせていただきたいと思います。私ではとてもついていけそうにないので次回もヘルパーさんにお願いしたいと思います。


6月5日のラン&ストレッチプログラムにご参加された森高麻穂ちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

日頃はお世話になります。昨年11月に狛江で行われた体操教室の参加をきっかけに、今年度からR&Sへも参加させていただいております。娘は体を動かすことが好きなので、ダンスを習っていますが、体の基礎となる運動や外での光合成!も人にとっては重要なことだと思っております。
お友達といっしょに参加していることもありますが、R&Sが近くなると、「砧公園行く?」とか「(学校で習った)組体操見せるの!」とか「明日の洋服はどうしようかな?」と楽しみにしています。
帰ってからは祖母に「いっぱい走ったよ。汗すごいよ!」と自慢話をしています。疲れたかな?と思うのは私だけで、本人は家に帰っても絶好調!です。これからも運動は続けさせたいと思っておりますので宜しくお願いいたします。


6月5日のラン&ストレッチプログラムにご参加された樹君のお母様よりお寄せいただきました!

先日は、楽しいプログラムありがとうございました!初めてのラン&ストレッチ=家からの遠さもあり迷いましたが、思い切って参加してよかったです!やっぱり外で運動するのは気持ちいいですね~♪樹も頑張って走っていたし、何より嬉しそうだったので、また次回も参加したいと思います☆
自販機にへばり付いたり、くねくねする樹を、上手く誘って下さったりょうこお姉さん、メリハリのある声掛けありがとうございます♪また宜しくお願いします☆
追伸=翌日、近くの公園を走りました。すると…なななんと、いつものヒラヒラ走りではなく、タッタッタとリズムに乗り素早く走っているではありませんか!!本当にびっくりですw(゜o゜)w 即効ですね!


5月8日のハンドサイクルプログラムにご参加下さいました井上源規君のお母様よりお寄せいただきました!

先日,岡山のハンドサイクルでお世話になりました井上です。お疲れ様でした。その節は,息子のあまのじゃくな言動に柔軟に対応頂き,本当にありがとうございました。
二年前の初参加では,息子も普段制限された車椅子生活から,ハンドサイクルで季節感を感じ,またスピード感も味わうことができ,楽しさはもちろん,貴重な体験となったようでした。
珍しい疾患から運動要素が入るイベント参加となると,私どもも少し心配もあったのですが,齊藤さんを始めとするスタッフ・ボランティアの皆様に助けられ,親子共々充実した一日を過ごすことができました。今回また参加することができ,感想をお伝えできる機会が持ててよかったです。
今回の参加も,直前に指を化膿するトラブルがあり,本人も(乗れないかもしれない)という不安から,失礼な発言になりましたことご理解いただけたらと思います。申し訳ありませんでした。息子自身,心配していた指も何とかカバーしながらハンドルも握ることが確認でき,実際乗れてしまえば,スピードもしっかり出していて,とても楽しんでいましたし,同性の同世代のお友達も出来て,思い出に残る一日となったようです。
準備等,スタッフ皆様のご苦労は計り知れませんが,もし来年も開催されたなら,ぜひ参加したいと思っております。
以上,つたない文章ではありますが,感想としてお伝えし,御礼申し上げます。


5月8日のハンドサイクルプログラムにご参加下さいました中塚琴音ちゃんのお母様よりお寄せいただきました!

5月の岡山でのハンドサイクル、はじめて参加できとても楽しかったです。琴音はとても運動が好きなので、自転車も乗ってみたかったのですが体幹が不安定でのれずにいました。ハンドサイクルは安定していて、こいで楽しめてほんとうにありがとうございました。
障害のある子供にはついつい、やらないといけないことがたくさんで、楽しむことは二の次になってしまいます。でも、今回は自分で楽しめる機会に出会えて本当に貴重な体験でした。斉藤さん、鈴木さんがとっても素敵で(いけめんで)楽しいひと時でした~。ぜひ、来年もお願いします!!


5月4日のこぶたろうさん東京ツアーより、こぶたろうさんご自身にご感想をいただきました!

今回の駆け巡りツアーは、日本一周を決意した3年前にさかのぼりますね。
初めて日本一周用のハンドサイクルを決める為に、上京し、そのときにたどった懐かしい矢野口駅、多摩川河川敷、初めて体験した河川敷横の道路、そして、ラーメン屋さん。あの時は、本当に来れるのかという思いもありましたが、必ず達成するという思いで続けてきた結果ちょうど3年目にして、懐かしいコースを、電車と車ではなく、ハンドサイクルで巡ることができたのですから喜びもひとしおです!
当日は、こぶたろうツアーと題して、新宿まで迎えに来てくださった齊藤さんとジョウジさん。そして、私には嬉しいB級コース・・・とても新鮮な東京を満喫し楽しませていただきました。さらに、渋谷、原宿の快走劇!!一生忘れないくらいの心地よさ!!まさに齊藤さんたちと一緒だから体験できた気持ちよさでした。それにしても、私が体験した東京コース、今後是非、プライベート走行企画として、アダプティブワールドに挙げていただきたいものです。色んな東京を知ることができるプライベートな観光コースとなることでしょう。最高の東京ツアーをありがとうございました。 こぶたろう


5月2日のハンドサイクルプログラムにご参加下さいました木村晃君のお父様よりお寄せいただきました!

晃はとてもよろこんでいましたよ。 来月も参加すると張り切っています。
5/8に晃、守の二人にグローブを買いました。 トライアスロンのご夫婦に教えていただいた指切りタイプの女性用Sが丁度良かったようです。
乗りこなしの点では晃はカーブとシフトに問題がありますが乗り込んでいけばできるようになるのかなあと思っています。
シフトは電動デュラのようなシステムが普及すれば解決するのでしょうか。


5月2日のハンドサイクルプログラムにご参加下さいましたMさんのお母様よりお寄せいただきました!

感想!  参加してよかったです。^−^
運動が苦手、ましてや車椅子で・・・親としては何か体を動かして欲しいと参加申し込みをしてみました。ボ-ルあそびでも怖がって目をとじてしまいキャッチできなかったり、プ-ルでも力を抜いて浮く事も難しいなど怖がりなので自転車・・・????と聞いてのりきでなかったようですが、いざ乗り始めたら楽しかったようです。自分で風を感じて走る経験がないので新鮮だったようです。
出かけるのもあまり好きではない子なのに終わった後  「今度も参加する!」 と自分から言っていたので本当に参加してよかったです。
6月は運動会と重なるので7月にまた参加させていただきます。ありがとうございました。


5月2日のハンドサイクルプログラムにご参加下さいましたK君のお母様よりお寄せいただきました!

先日は大変お世話になり、ありがとうございました。とても楽しく体を動かす事が出来た様です。
しかし…。少々物足りないかった様でもあったみたいでした。次回は是非、長い距離に挑戦したいと思っていますので、またよろしくお願いいたします。


4月17日のアダプティブ運動教室にご参加下さいましたたっくんのお母様よりお寄せいただきました。

先日はお世話になりましたm(__)mお兄さん達が笑顔で優しく声かけてくれたので最初から特に緊張することもなく楽しみながら参加出来ました。普段から運動不足なので体を動かす機会が出来てよかったです。うちの子は太目なので家でも出来るストレッチ方など教えていただけると嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。


4月17日のアダプティブ運動教室にご参加下さいましたY君のお母様よりお寄せいただきました。

こちらこそ、寒い中、不便な場所に来ていただきありがとうございました。うちは一昨年にサンメドウズのスキー場で「君もスキーやってみない?」と齊藤直さんに声をかけていただいた時からアダプティブワールドに興味があったので今回町田でやっていただけることになりとても楽しみにしていました。
当日の本人は元気に声かけしてくれる皆さんにだんだん調子が乗ってきてボールではカウントに合わせて手拍子までしてノリノリで…連れて来て良かったと感じました。なかなか体を伸ばすという時間がないので、今回マットでやっていたことを家でもちょこちょこやっています。 次回をまた楽しみにしていますのでよろしくお願いします。いずれ、スキーもできたらいいなと思っています♪


4月11日のアダプティブ運動教室にご参加下さいました竹内優香ちゃんのお母様よりお寄せ頂きました。

運動教室の日は朝からとても楽しみに準備しています。バランスボールも随分上手に乗りこなせるようになりジャンプ力もついてきました。平均台ももう少しで一人で渡れそうで筋力、バランス力また一年で伸びてくれることを楽しみにしています。
得意の寝転がりの休憩も忘れる程よく動いた一日でした。日曜日の度に今日はスポーツある?と待ち遠しい様子です。また来月もよろしくお願いします。


4月11日のアダプティブ運動教室にご参加下さいましたG君のお母様よりお寄せ頂きました。

今年度第一回目の運動教室、ありがとうございました。
息子はたっぷり体を動かしたためお腹が空いたようで、帰り道では「牛丼食べる!!」と繰り返し言い、昼食時はすごい食欲でした。息子は気持ちが不安定になりやすく、この日も開始時は表情がやや硬く、適切でない行動も見られましたが、身体を動かしているうちに表情が柔らかくなりました。運動を通して気持ちを落ち着けることができ、楽しく取り組むことができて良かったです。次回も楽しみにしております。