立位保持が可能で手足に麻痺のある方のスキーレッスン(4トラック)

こんにちは!障害者専門のスキースクール:サンメドウズ清里教室・車山高原教室校長の齊藤直です。

ここでは、身体障害のある方(立位保持が可能で手足に麻痺のある方)のレッスン方法についてご紹介します。
(脳性麻痺の方や、立位保持が可能な二分脊椎症の方が該当します。)

$障害者専門のスキースクール:サンメドウズ清里教室・車山高原教室

立位保持が可能で手足に麻痺のある方のスキーは、

4トラック

といいます。


4トラックとは、「4つのスキー」と言う意味です。

解説、しますね。^^


立位保持が可能で手足に麻痺のある方のスキーは、


足:両足共に、普通のスキーブーツ と スキー

手:両腕にアウトリガー



という装備で、スキーを行います。

アウトリガーというのは、手に持つ「スキー機能がついたストック」のような物です。

ストックとの一番の違い、

それは、

「舵取りができるかどうか」

です。^^

$障害者専門のスキースクール:サンメドウズ清里教室・車山高原教室

アウトリガーは、雪面と接する部分がストックのようにとがっているのでは無く、「スキー板」の様なものが付いています。

だから、アウトリガーも滑る。^^

この「滑る」機能を利用して、「舵取り」を行うんですね。


そのため、

立位保持が可能で手足に麻痺のある方のスキーレッスンでは、この

アウトリガーの使い方

からレッスンがスタートします。



健常者のスキーレッスンでは、滑って、転んで、また滑ってというのが、当たり前のスタイルですが、

立位保持が可能で手足に麻痺のある方のスキーレッスンでは、初めてスキーをするその日から、可能な限り「転倒」をしないようにします。

いいでしょ。(笑)

そのためには、アウトリガーの操作が重要なんですね。^^


実はね、人って、

陸上で歩いているときよりもスキーで滑っているときの方が、立位バランスが取りやすいんです!!

だから、

「普段は長い時間立位保持ができないんです。」

という方も、スキーをしていると、滑っている間は何の問題も無く、立位保持ができちゃったりします。^^

不思議ですよねー。

でもこれ、本当なんです。^^

是非今週末、ご自身がゲレンデで体験してみて下さい!

$障害者専門のスキースクール:サンメドウズ清里教室・車山高原教室