2年越し!ウェアラブルカメラをつけてバイスキーを楽しんで来ましたー!

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室・NPO法人アダプティブワールド」の齊藤直です。

今日は、1月26-27日に開催しました、スキー教室@車山高原教室のレポートです。

この2日間は、1日目は忙しい天気、2日目は超ぉ晴天に恵まれましたー!




初日はこんな風に晴れたり、いきなり吹雪になったりの忙しい天気。

バイスキーチームは、フィックスアウトリガーを使って2年ぶりのスキーに挑戦!





立位チームは2組さん一緒に様々なコースに挑戦!




林みたいなコース(笑)にも、挑戦しました!




バイスキーチームはフィックスアウトリガーという自転車で言うところの補助輪の様なものを使い、左右ターンを自分でつくります。

コーチがお手伝いするのは、スピードコントロールのみ!




綺麗にターンができている1枚!

この1枚は、お母さんが撮影してくださいました。




一気に晴れるた瞬間が!!!

ということで、この日のみんなで記念撮影。



2日目は思いっきり晴天!

白と青しかない車山らしい景色が広がりました。




この日、立位チームは別のスキー場でレッスン。

ということで、バイスキーチームだけで山頂の記念撮影。^^




「行ってきまーす!」とお父さんお母さんに別れを告げ、僕たちは滑って下山します。




2年ぶりのバイスキー、1日目はバランスをとることに苦労しましたが、2日目の今日は安定したターンをつくることができました。





バイスキーで滑っている映像がこちら!

頭にウェアラブルカメラ(小さいカメラ)をつけて滑ってもらいましたー!




最後はコーチと一緒に滑るバゲッティング。

ご要望にお応えして、鼻水も凍っちゃうスピードで滑走しました。




「あそことか滑れるの?」

「もちろん!」

ということで、超ぉぉ急斜面もバゲッティングで滑ってきましたー!



レッスン後、ご感想を頂きました。

2日間目一杯バイスキーを楽しんだ鳥海圭佑くんよりご感想を頂きました。


バイスキーありがとうございました。

今回は去年インフルエンザで行けず、2年ぶりのスキーということと、アクションカメラも2年越しで使うということで、すごく楽しみにしていました。

2年ぶりなので、うまくすべれるかわからなかったですが意外と滑れてうれしかったです。

でも、最初は真っ直ぐに滑るのは難しかったです。

ちょっと傾けすぎると、フラフラうごいてしまうので、まっすぐ滑るには、姿勢が大事という事を改めて思いました。

山頂では、2年前より、うまく、滑れなかったですが、こけても楽しいのは、かわりませんでした。(笑)

うまく滑れないときが続いた時、「上手く滑ることより、楽しむことが大事」と直さんが言って下さり、その直後の一本は中級コースの最初から最後まで気持ちよくウェーブのところも気持ちよく滑ることができました。

人も避けれたときは、すごく気持ちよかったです。

2日目の午後は、自分では滑らなかったですが、上級者コースの急斜面を一緒に滑ってスピードと迫力があり、すごく楽しかったです。

家帰って、実際すべっていたときより改めて映像みたら怖かったです(笑)

今度は山頂から最後まで通しで映像にしてみたいです。

本当に二日間楽しかったです。

コーチより


圭佑くん、嬉しい感想をどうもありがとう!

去年はせっかくカメラを準備したのにインフルエンザで苦しく辛い思いをしましたね。

その分今年は目一杯楽しんでもらおうと、2日間滑って滑って滑りまくってもらいました。^^

念願の映像もとれ、山頂からも気持ちよく滑れ、バゲッティングでは涙が出そうな(本当に出たかもしれないけど)急斜面に挑戦して「最高だった!」と言ってもらえたことは、僕もめちゃんこ嬉しいです。

上手に滑るのもいいけど、心から楽しみながら滑ることも大切!

来シーズンもお待ちしていますので、来シーズンも「もういいっ!」っていうくらい滑りまくりましょう!


レポートを読んで、なんだかスキーに挑戦してみたくなっちゃった方は、こちらへどうぞ!