今年も、江戸川区小松川第一中学校へハンドサイクルを使った「福祉体験授業」をしてきました!

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室・NPO法人アダプティブワールド」チーフコーチの川鍋亜実です。

先月、2月8日(金)に、江戸川区小松川第一中学校にて、「福祉体験」という授業で講師をさせていただきました。

3年前よりご依頼を頂いており、今年度も「ハンドサイクル」を使った体験授業を行ってきました。

今年も、ワーク形式を取り入れながら、

・みんなが知っている「障害者スポーツ」って何?
・どんな人がハンドサイクルに乗るのかな?
・実際、ハンドサイクルに乗ってみよう!
・ハンドサイクルで競争してみよう!
・日本の障害者スポーツとアメリカの障害者スポーツの違い
・障害があってもなくても「スポーツが楽しめるようにするには?


といった内容を50分×3コマ分、講義をさせて頂きました。




まずは、ハンドサイクルの説明や乗り方について説明。





その後は、実際にハンドサイクルに乗り、操作を覚えていきました。





操作を覚えたことろで、ハンドサイクルを使って競争。^^





競争をしながらも、みんなとっても笑顔でした。^^


生徒さんからは、

「楽しかった〜!」
「難しそうだったけど、私でも乗れたよ〜」
「また乗りたい!」


という、ご感想を頂きました。^^

また先生方にも、生徒さんと同様にハンドサイクルを体験していただきました。

障害のあるなしに関わらず、「楽しめる!」という体験できるっていいですよね。^^



教育機関の授業依頼・講義依頼は、こちらからお問い合わせください。