レポート:知的発達障害児の為のロッククライミング教室(7月1日開催)

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室・NPO法人アダプティブワールド」の齊藤直です。

今日は、7月1日に開催しました「知的発達障害児の為のクライミング教室」のレポートです。





この日の会場は、町田市にあるクライミング事務NOSE。おはようございますの挨拶をしたら、早速教室のスタート!





まずは、みんなで準備体操。いっぱい登るから、入念に体をほぐしましょう。





その後は、クライミングウォールに移動して「ホールドを触ってみる」からスタート。





片手で触って、両手で触って感触を確かめます。





その後は、低い壁を使って横移動の練習。





昨年も参加してくれた生徒さんは、スイスイ横移動ができました。





その後は、ボルダリング壁に移動してボルダリング!





先生が決めたスタートからゴールまで、足が床に落ちないのがルール!





この日、初参加の生徒さんは、先生の方を触ってもOK!まずは登ってみるに慣れてみようね。




その後は、トップロープクライミング!トップロープは、ビレイヤーが命綱の確保をしてくれます。





両手両足をホールドに乗せたら、クライミングのスタート!





初参加の生徒さんもトップロープに挑戦しましたよ。





降りるときは、この姿勢。初めてなのにとても上手です!




毎年教室に参加してくれている生徒さんは、1本目から素晴らしいクライミングを見せてくれました。





お友達と一緒にクライミング、みんなが下から応援してくれています。





スゴイ!この日初参加の生徒さん、間もなくゴールです!





毎年教室に参加してくれている生徒さんは、この日何本も頭頂に成功!ナイスクライミングでした。





お友達が登っているのを見ると、「僕も、ぼくも!」とみんなが後に続きます。





垂直の壁が簡単の登れたら、ちょこっとハングオーバーした壁に挑戦!





終わりの時間が近づくと・・・疲れた生徒さん、ボイコット。(笑)午前2時間午後2時間、みんなよく頑張りましたー。





この日のみんなで記念撮影。秋にはみんなで外岩に挑戦してみよう!


ご感想をお寄せいただきました!

クライミング教室に毎年ご参加の山本祐輔くんのお母様より頂戴いたしました。


直先生 直也先生

ロッククライミング、大変お世話になりました。

ありがとうございました。

去年、直也先生のサポートを借りて、怖がって騒ぎながら一番上まで登れるようになったのですが、今年は1人で登れるかなと思っていたので、1人で登れてその成長に嬉しくなりました。

毎日一緒だと成長がわかりにくい部分もありますが、一年に一回のことなので、わかりやすいように感じます。

最初の頃は、2メートルくらいのところで、「テンション」とよく言ってましたので(笑)、一緒に参加されている息子より小さいお子さんは、一度登ってみてダメでも諦めないで、何度かチャレンジすると少しずつできるようになると思います。

今年こそは、外でクライミングが出来ると良いなと思っています。


秋のクライミング教室は外岩に挑戦!


秋のクライミング教室では、外岩に挑戦したいと考えています。

詳細が決まりましたら、メルマガにてお知らせを致しますので、またの方は是非登録をしておいてくださいね。