個別指導教室を始めて4年、バタ足で20mを泳ぐことができました!

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室アダプティブワールド」チーフコーチの川鍋亜実です。

今日は、伊藤亮駿くんと丸谷コーチとのプール教室の様子をお届けしますね。^^

亮駿くんは、個別指導教室を始めて4年目です。

また、月2回教室にご来場しています。

亮駿くんは、個別指導教室を始めた頃は、

・練習という時間を認知することが難しい
・泣いてしまい、プールから出てしまっていた
・帽子をかぶることが苦手で、何度も帽子をかぶる練習をした


という生徒さんでした。

個別指導教室では、「往路は練習、復路は遊び」というように進めていき、教室のルール作りをしていきました。


個別指導教室で、毎回の教室での「練習」の時間に

・プールサイドに掴まってバタ足
・コーチが亮駿くんの足を持ってバタ足
・バタ足を続けるという認知を覚える
・1人で泳ぐ距離を少しずつ伸ばしていく


という練習を積み重ねていきました。


その結果、なんと先日の教室では、20mを1人でバタ足で泳ぐことができましたー。^^

もう少しで25m達成!というところまで見えているので、今後も泳げるように練習をしていきます!

今後のレポートも楽しみにお待ちください。^^


個別指導教室で、コーチと一緒にプールを始めてみませんか?^^

知的・発達障害児のための「個別指導のスポーツ教室」は、世田谷他、新宿、国立、狛江、町田、相模原、稲城、大宮、さいたま新都心でも開催しています!