「Fに合ったわかりやすいやり方でスモールステップで教えて頂き、お願いして本当に良かったです。」

こんにちは!「障害者専門のスポーツ教室・NPO法人アダプティブワールド」チーフコーチの川鍋亜実です。

今日は、個別指導教室に初めてご参加頂いた、Fくんのお母様よりご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

Fくんは、来年の学校の体育祭で行う「大縄跳び」の練習を個別指導教室でスタートしていきました。



今年度の運動会では、途中で引っかかってしまい、「跳べない」と自信をなくしてしまっていました。

個別指導教室では、

・その場でジャンプの練習
・回していない左右に揺れている縄を跳ぶ練習
・1回跳びを何度も練習
・2回連続跳びを練習


とすることで、見事連続して跳ぶことができました。^^

自信がついたようで、この日は連続2回跳びをたくさん行うことができましたよー。^^


初めての個別指導教室後、お母様からご感想を頂きました。

Fくんのお母様よりご感想を頂きました。


昨日は大変お世話になりました。

Fの緊張や不安を取り除いて頂き、初回とは思えないほどレッスンに応じたようで、座り込みなどお手数をおかけしたかと思いますが、親から見ると良い感じで嬉しかったです。

長縄がさっそく連続で跳べたというのは驚きでした。

本人も自信になったようです。

マラソンも初めてのコースなのによく走ったと思います。

Fも楽しかった、また亜実コーチとやりたい!と言っています。

少しずつ「コーチのまねっこ」「コーチの話を聞く」ということもできるように…まったく同感で、親としても一番の目標にしたいぐらいなのです。

教わることに対し、内容に関わらず条件反射のように拒否が出てしまうのでまずはとにかく話を聞く、一度はお手本通りにやってみるという姿勢を身につけて欲しいです。

今までの集団生活の中でFには難しいことが多く、教わることが嫌なこととして定着してしまったようで、私達ももっと丁寧にフォローしてあげれば良かったかもと悔いがあります。

やれると思ったことにはモチベーション高く、楽しそうにやるだけに素直に人の言うことが聞けないのは本当にもったいなく…。

Fに合ったわかりやすいやり方でスモールステップで教えて頂き、やってみたらできた!楽しい!という経験ができて、お願いして本当に良かったです。

教わって楽しい!を繰り返していけば、だんだんと教わることへの抵抗も減り、人の言うことに耳を傾けることもできるようになってくるのではと思っているのですが…。

個々のメニュー以前に課題がたくさんある息子なので本当にお手数をおかけしますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


川鍋コーチより

個別指導教室のご利用、誠にありがとうございました。

最初は、跳べなくて引っかかってしまって座り込んでしまうこともありましたが、1回「跳べた!」と実感するとFくんは習得が早かったですねー。^^

そして見事2回連続で跳べちゃいましたー!

「もっと練習したい!」という様子でしたが、体育祭に向けての順を追って練習をしていきましょうね。^^

そして、「コーチの話を聞く」等は、Fくんとの今後の課題となってきますので、コーチとの信頼関係作りを引き続き行っていきますね。

来月もどうぞよろしくお願い致します。


レポートを読んで、なんだか個別指導教室を始めたくなっちゃったひとは…

知的・発達障害児のための「個別指導のスポーツ教室」は、世田谷他、新宿、国立、狛江、町田、相模原、稲城、大宮、さいたま新都心でも開催しています!